次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

エコプロダクツ

cool choice
 クボタグループは、環境省による温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」に賛同しており、賢い選択としてエコプロダクツ認定製品の普及を推進しています。

エコプロダクツ認定制度

 クボタグループでは、2011年6月より「エコプロダクツ」認定制度の運用をスタートしました。
 「エコプロダクツ」とは、省エネルギー、省資源・再資源化、環境負荷物質の削減など、環境性能を向上した製品のことです。
 クボタグループの環境経営の基本方向である「地球温暖化の防止」「循環型社会の形成」「化学物質の管理」の各項目について評価し、社内基準をクリアした製品を「エコプロダクツ」として認定します。またその中で、新規技術の採用などにより、突出した環境配慮性を実現した製品を「スーパーエコプロダクツ」に認定します。
 製品の環境配慮性を更に高めることで、持続可能な社会の実現に貢献することが制度設立の狙いです。

エコプロダクツラベル

 カタログなどに独自のエコプロダクツラベルを貼付することで、エコプロダクツ認定製品であることをお伝えします。エコプロダクツラベルには、マークと環境性能を記載します。

エコプロダクツラベル

認定基準

 評価点の合計が基準点以上の製品を、環境配慮性能のレベルにより2段階で認定します。

認定基準

評価項目

 評価項目は下表の通りです。

評価項目
地球温暖化の防止
1. 省エネルギー(CO2の削減)
生産時・施工時・使用時のエネルギー消費量削減 など
循環型社会の形成
2. 省資源
軽量化・減容化、希少金属の削減 など
3. 再資源化
リサイクル素材・リサイクル希少金属の使用 など
化学物質の管理
4. 環境負荷物質の削減
RoHS対象物質の削減、排出ガスの低減 など
その他
5. 情報提供
省エネ運転・リサイクル・廃棄時の注意点 など

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。