次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

安全・健康対策

長期労働災害減少計画

クボタの安全衛生管理は、中央安全衛生管理と事業場安全衛生管理(所工場部門・建設工事部門)に分け、1973年度からスタートした5ヵ年ごとの『長期労働災害減少計画』と年度ごとの安全衛生指針に基づき、目標達成に向け、法令遵守はもとより、危険・有害リスクの先取りによる事故・災害の未然防止対策や快適な職場環境に向けた計画的改善に取り組んでいます。

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001) 認証取得事業所

筑波工場 2000年12月認証取得
京葉工場(船橋) 2002年12月認証取得
京葉工場(市川) 2002年12月認証取得
阪神工場(武庫川) 2003年11月認証取得
阪神工場(尼崎) 2005年 4月認証取得
枚方製造所 2007年 6月認証取得
  • なお、その他の事業所についても、リスクアセスメントを中心とする労働安全衛生マネジメントシステムを構築しています。

メンタルヘルスケアの取り組み

心の健康づくり(メンタルヘルス)活動の具体的推進方法を定め、従業員の心の健康づくりおよび安全配慮義務に則した諸対策を経営課題として表明し、強力に推進していきます。

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る