次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

コーポレートガバナンス体制

経営環境への迅速な対応、経営の透明性の向上などを実現するため、コーポレート・ガバナンス体制の強化に取り組んでいます。また、内部統制システムを構築し、事業活動の中で継続的に地道な改善を実施することで、法令遵守の徹底はもちろん、リスク低減を図っています。
コーポレートガバナンス体制の中で、当社の経営上の重大なリスクを次の3つに分類しています。

経営環境への迅速な対応、経営の透明性向上のために

経営環境への迅速な対応、経営の透明性の向上などを実現するため、下記のような企業統治の体制を採用しています。

コーポレートガバナンス体制図(2016年3月25日現在)

コーポレートガバナンス体制図

取締役会

 取締役会は戦略的な意思決定と執行役員による業務執行の監督を行っています。取締役会は8名の取締役(うち、社外取締役2名)で構成されています。定例取締役会を毎月1回開催するほか、必要に応じ随時開催し、経営計画に関する事項、資金計画、投資、事業再編などの重要経営課題について審議、決定しています。
 なお、年に1回、取締役会において「リスク管理活動結果報告」を行い、会社が重要と定める対象リスクに関する管理体制の整備および運用において、経営上重要な影響を及ぼす可能性が高い内部統制上の不備がないかどうか検証しています。

監査役会

 クボタは監査役会設置会社であり、監査役会は取締役の業務執行の監督と監査を行います。監査役会は4名の監査役(うち、社外監査役2名)で構成されています。
 定例監査役会を毎月1回開催するほか、必要に応じて随時開催し、監査の方針や監査報告などについて協議・決定しています。

執行役員会

 クボタは執行役員制度を導入しています。執行役員会は代表取締役社長(以下、社長)および執行役員で構成されています。定例執行役員会を毎月1回開催するほか、必要に応じ随時開催し、社長は取締役会の方針や決議事項を執行役員に指示・伝達し、執行役員は業務執行状況を社長に報告します。

経営会議 / 審議会

 経営会議は、投融資や中期経営計画など経営上重要な事項について、取締役会の前置機関としての役割を担っており、常勤監査役のうち2名がオブザーバーとして参加しています。審議会は、経営会議審議項目を除く社長決裁事項および特命事項についての社長の諮問機関としての役割を担っており、構成メンバーに社長を含まず、常勤監査役のうち1名がオブザーバーとして参加しています。

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る