次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューに移動します。

サマーキャンプ型体験学習「地球小屋 TERRA-KOYA」

  • 次世代教育
  • 日本

子どもたちが地球環境の大切さを学べる場を提供しています

環境保全活動を重要課題と考えるクボタでは、未来を担う子どもたちに、自然の恵みの豊かさや地球環境の大切さを学んでもらうため、2007年よりサマーキャンプ型体験学習「地球小屋 TERRA-KOYA」を支援しています。

世界各地で多発している洪水や地震、ハリケーンといった自然災害に代表される気候危機に対して、私たちは自然との向き合い方を改めて見直すステージに入りました。

事業領域である「食料・水・環境」分野が互いに循環し、影響しあうことで持続可能な社会の実現をめざすクボタにとっても、こうした地球規模の社会課題への対応遅延は事業活動のリスクとなりえます。環境保全活動はクボタの企業活動における重要課題のひとつであり、この一環として、クボタでは小学生向けのサマーキャンプ型体験学習「地球小屋 TERRA-KOYA」に協賛しています。

「地球小屋」は、2007年より毎年夏に日本国内で開催されている野外プロジェクトで、これまでに300人近くの子どもたちが参加した歴史の長い活動です。3泊4日~4泊5日で行われる農業体験や野外調理を通じて、子どもたちに自然の恵みの豊かさや地球環境の大切さを学んでもらうことを目的としています。毎年、素直な感性と視点で農業を楽しむ子どもたちの興味の深さ、熱心さに驚かされます。

クボタでは、大自然の息吹と生命の力を体験することで、未来を担う子どもたちが自然に対して興味を深め、発見・チャレンジする力を身につけられる機会を提供し続けていきます。

2020年の活動報告

2020年は新型コロナウイルスの影響により開催は中止となりましたが、新たな試みとして、これまでの参加者に向けた「YELLプロジェクト」を実施しました。さまざまな困難に直面する場面が多い今だからこそ、お互いにエールを送り合い、ともに前進してほしいという願いを込め、写真やメッセージが集う地球小屋「YELLプロジェクト」特設Webサイトをオープンしました。

地球小屋「YELLプロジェクト」特設Webサイト

活動実績

日程 場所 参加人数
第13回 2019年7月22日(月)~26日(金) 長野県北安曇郡
カミツレの里ほか
21人
第12回 2018年7月23日(月)~26日(木) 21人
第11回 2017年7月24日(月)~27日(木) 21人
第10回 2016年7月25日(月)~28日(木) 21人
第9回 2015年7月27日(月)~30日(木) 21人
第8回 2014年7月28日(月)~31日(木) 山形県庄内町
北月山荘ほか
20人
第7回 2013年7月28日(日)~31日(水) 20人
第6回 2012年7月24日(火)~27日(金) 21人
第5回 2011年7月24日(日)~27日(水) 長野県安曇野市
シャロムヒュッテほか
21人
第4回 2010年7月26日(月)~29日(木) 21人
第3回 2009年7月21日(火)~24日(金) 21人
第2回 2008年7月22日(火)~25日(金) 21人
第1回 2007年7月23日(月)~26日(木) 19人