次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

INTERVIEW WITH KUBOTA PEOPLE

中国農業近代化の志を抱き
海外拠点の機能強化に邁進

機械系 品質保証
詹 志平
SEN SHIHEI
機械品質保証第二部
1997年入社
機械制御工学専攻修了
MY CAREER キャリアの歩み

入社後、収穫技術部に配属され、約11年間海外向けコンバインの設計業務に携わる。2008年、クボタの中国蘇州工場(KAMS)に派遣され、4年間コンバイン技術関係、2年間品質保証関係の業務を担当。日本帰任後は、機械品質保証第二部に所属し、中国向けコンバインの品質を担当している。

※このページで紹介しているインタビューの内容及び社員情報は取材時のものです。

Q1WHY

クボタに入社した理由

卒業当時、中国の農業機械化は大幅に遅れ、ほとんどの農作業を手作業で行う時代でした。また農業は天候の影響を受けやすく、当時、農業は中国で一番辛い重労働とされ、農家の方々は苦労していました。テレビで日本の農業機械が先進的で、農業機械化が進んでいること、また農家の生活ぶりは都会とあまり変わらないことを知り、驚きました。日本の技術を中国でも生かすことができれば、農業が改善され、農家を重労働から解放することができるかもしれないと思ったのが入社のきっかけでした。入社してから、クボタがトラクタ、コンバイン、田植機、野菜収獲機など農業関連をはじめ、エンジン、建機、パイプ、水処理など、食糧・水・環境において幅広く社会に貢献し、中国やその他の国々にも貢献できる会社であることを実感しました。

Q2JOB

現在の仕事内容

中国向けコンバインの品質担当をしています。ユーザの立場から、製品安全、性能発揮、品質安定をいかに保証するかが品質保証の役目であり、それにのっとり、業務を進めています。業務内容は、①品質問題の早期発見と早期対応:現地と密に情報交流し、不具合状況を早く的確に把握し、対応を進める。②品質問題の真因追求と確実な対策実施:技術部・工場・協力会社と連携を取り、問題の真因を追及し、確実な対策を実施する。③安全性問題の撲滅:製品の安全問題を見逃さないよう、現地と機械品質保証第二部が、市場品質情報を二重で確認する。④品質問題の再発防止、未然防止:過去の品質問題が再発しないよう仕組みの見直しの推進、開発段階での品質作り込みへの参画。⑤海外拠点のレベルアップ:日々の業務を通じて、海外拠点の品質部門と認識を共有し、レベルアップに繋げる。⑥顧客満足度の向上:市場品質調査より、ユーザ評価・要望を品質改善に反映し、顧客満足度を向上する、の6つです。

Q3WORK

クボタならではの仕事の面白さ

入社当初、中国各地に自脱コンバインの試作機を持ち込み、異なる田圃と作物条件での現地適合性試験を行いましたが、どこへ行っても、行事の如く、大勢の地元の農家だけでなくと遠方からも見学者が訪れました。その時の農家の熱い眼差しと憧れの表情は今でも目に浮かびます。現地研究、設計改善、部品現地化・コストダウンの積み重ねにより、高性能、高耐久、コストパフォーマンスの高い機械に作り上げ、中国の農業機械化ブームを引き起こす起爆剤の一つと言えるぐらいの人気を博し、現地での多大な歓迎に大きなやりがいを感じました。しかし、KAMS駐在初年度に自脱コンバインミッションブレーキの部品変更で異音の発生からくるミッション破損の傾向クレームが発生したため、原因調査を開始。日本の技術者らと共に諦めず様々な対策を試み、実機検証を行い、1年以上粘り強く格闘した結果、効果的な改善策を生み出すことができました。結果、「延べ3万台」というミッションに向けた対策を実現できたことに大きな達成感を覚えましたね。

Q4CAREER

今後のキャリアプラン

品質保証部門に来て、まだ日が浅く、諸業務の推進を通じて、品質対応の手法・スキルを磨きながら、経験を積んでいます。自身のレベルアップには、品質保証意識を高め、品質保証体系全般を勉強し、それを業務に生かすことで理解を深め、この分野をさらに追究していくことが必要だと感じています。会社が掲げている「グローバル・メジャー・ブランド」の実現に向け、海外拠点の品質保証部門の自立を促し、より早く、より良い品質確保による顧客満足・感動を勝ち取る必要があります。そのために、現地の文化を考慮しながら品質保証レベルのさらなる向上を目指すこと、将来的に組織・機能を日本品質保証本部に近づけることを目標に、私自身の経験を微力ながらも生かすことができたらと思っています。

ONE DAY SCHEDULE

  • 8:00/朝礼・業務連絡・過去品質事例紹介
  • 8:30/新たな市場品質情報確認
  • 10:00/市場品質問題の対応推進
  • 12:00/昼食&休憩
  • 13:00/関係部署、業者と打ち合わせ
  • 15:00/海外拠点と品質連絡、確認
  • 17:00/品質問題の原因、進捗、課題の整理・まとめ
  • 19:00/業務を整理して帰宅

OFF TIME

休日は家でネットサーフィン、映画鑑賞、日帰り旅行、近場でサイクリングをしています。何か新しい発見や思いができたら良いなと思っています。最近、太極拳を習い始め、「万物は陰陽の調和によってバランスを取る」ということに、少し興味を持ち始めました。

その他の機械系の社員

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。