次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

INTERVIEW WITH KUBOTA PEOPLE

重厚長大な設備を自らの考えで
変えていく仕事の面白さ、醍醐味

電気・電子
・情報系
生産技術・製造
杉田 誠
SUGITA MAKOTO
京葉工場
2014年入社
電気工学科卒
MY CAREER キャリアの歩み

入社以来、現在の職場に所属。船橋事業所では、水道インフラ形成に必要なダクタイル鋳鉄管の生産を行っており、その中で、ダクタイル鋳鉄管の生産設備の設計開発において、新設設備の立ち上げ、既存設備の改善に関する電気制御の主担当をしている。

※このページで紹介しているインタビューの内容及び社員情報は取材時のものです。

Q1WHY

クボタに入社した理由

私の前職は、電子・計装制御の弱電から受変電設備の強電までいろいろな実務をしてきましたが、クボタでの派遣業務は、まさしく自分が求めていた仕事でした。一人で一つのテーマのハード設計からプログラム設計まですべてを担当するため、重厚長大な製造設備を自ら考えた制御システムで自在に操り、設備能力を最大限まで引き出すことを志向していくことができます。そのため、設備が立ち上がったときは、まるで自分の子供が巣立ったような達成感があります。クボタでは、同じ目標に向かう仲間として、納得いかないことはとことん話し合い、意見を言い合える環境があり、この仕事を一生続けたいと思いました。そして、入社して改めてその判断が正しかったと感じています。

Q2JOB

現在の仕事内容

私の所属する生産技術課は、ダクタイル鋳鉄管の製造設備に関する生産性向上、原価低減、品質向上対策等を行っており、装置産業である本工場の収益を担う中心的な部門です。その中で、私の仕事内容は、製造設備の電気設計であり、設備構想検討から開発、実用化、生産フォローを一貫して行っています。電気設計の中では、設備はそのままで、制御改良を行うことで、生産性・作業性を向上させることができます。つまり、知恵とやる気で、費用を最小に抑えながら、収益を向上させることができるのです。個人的な目標としては、年間数百万円以上のコストダウンを自らに課しながら日々奮闘しています。

Q3WORK

クボタならではの仕事の面白さ

生産技術課の仕事では、生産性向上、製造原価低減、品質不良率低減などの対策を行っているため、すべて成果が数値で表れ、金額効果に換算されます。そのため、自分がどれだけ貢献できたかを定量的に見ることができ、やりがいを感じやすいと思っています。関係部門と一体になって、仕様の検討から立ち上げまでを行っていく中で、製造職場の方は、はっきりと「ダメなものはダメ」「良いものは良い」と言ってくれるので、設備引渡し時に「この設備、最高だよ」と言われたときは、数字に表れる効果だけでなく、実際に作業される方にとって本当に使いやすい設備にすることができたのだと実感します。

Q4CAREER

今後のキャリアプラン

工場のいろいろなところを深く知るにつれ、鉄管製造設備は、その設備能力を最大限に引き出せていないところや省エネ対策が不十分なところがあると感じています。勿体ない状態が多々あるわけです。私は、その勿体ない箇所を見つけ、その中で収益向上効果の大きい箇所を特定して、改善にチャレンジしたいと思っています。実現させたい夢は、ダクタイル鋳鉄管製造設備の電気・制御技術者として、その分野の第一人者になり、最高の品質と低価格、短納期を実現させる製造プロセスを構築することで、クボタ製ダクタイル鋳鉄管網を世界中に張り巡らし、世界中の水道インフラを必要とする人々へ安心・安全な水を供給し続けていくことです。

ONE DAY SCHEDULE

  • 7:45/ラジオ体操・朝の美化活動
  • 8:00/朝礼・業務進捗確認
  • 8:30/現場調査
  • 11:00/関係部門との打合せ
  • 12:00/昼食&休憩
  • 13:00/設計業務
  • 17:00/仕様書、申請書作成
  • 19:00/退社

OFF TIME

健康管理に目覚め、体に良い食材を購入しては、近くの公園をウォーキングしています。現在、引っ越しを考えており、物件、家具や照明、観葉植物を探し中。妥協が苦手な性格で、納得いくものが見つからず、しばらくはいろいろと歩き回る休日になりそうです。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。