次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

INTERVIEW WITH KUBOTA PEOPLE

お客様の予想を超える品質の実現
製品の生産体制の根幹に関わる

機械系 生産技術・製造
長野 光
NAGANO HIKARU
建設機械製造部
2013年入社
知的力学システム工学専攻修了
MY CAREER キャリアの歩み

入社以来、建設機械製造部 モノづくり刷新課(生産技術課)で、組立ラインの工程設計・工程管理・設備導入を担当。

※このページで紹介しているインタビューの内容及び社員情報は取材時のものです。

Q1WHY

クボタに入社した理由

入社を決めた大きな理由は、『人間力』。クボタで働く方々の人間力に惹かれ、クボタで働く先輩社員と一緒に働きたいと思い、入社を決めました。就職活動時に社員交流会で先輩社員と話をする際に、担当業務の説明、やりがいや苦労する点を話していた時の先輩社員の顔がイキイキしていた印象があります。就職活動時に様々な企業を見る機会がありましたが、他社と比べて、クボタには、そうしたイキイキとした人間味溢れる人が多い印象があり、そんな環境に身を置いて、働きたいと思いました。入社後、若手の内から裁量ある大きな仕事を与えられ、社員一人ひとりが伸び伸びと働くことができる職場風土があることを知りました。こうした環境が、社員一人ひとりのイキイキとした雰囲気につながっているのだと思うようになりました。

Q2JOB

現在の仕事内容

生産技術の仕事は、Q:品質の向上、C:生産ラインの生産性の向上(コストダウン)、D:納期短縮、S:作業環境改善(安全確保)と多岐に至り、開発と製造関連部門の間に立ち、製品の生産体制の根幹を作り上げていく仕事だと思っています。建設機械を1台製造するにあたり、組立ラインだけでも、数千点の部品が存在します。私の仕事は、大量の部品点数を安定した品質で効率的に組み付けることができる生産体制の構築、検討している工程設計の中での作業者の安全性の確保を考え、それらを実現させるための手段として、設備や治具の検討・導入を行うことを主な仕事としています。もちろん一人で実現させることは不可能で、関連部門を巻き込み、課題を解決する方向に持っていくことも重要な仕事の一つです。

Q3WORK

クボタならではの仕事の面白さ

自分でできる仕事の幅が広がる点と、自分で考案した設備を現場に導入した時の達成感です。生産技術という職種は、仕事が多岐に渡るため、仕事の幅を広く、深くすることが一人前になるための条件です。早く一人前になり、周りから頼られる存在になることを、当面の目標としており、自分の成長を感じる時にやりがいを感じます。また、設備を導入する際に現場には、大きな変更が発生します。変更による問題を乗り越えて、導入した設備が現場で使われているのを見ると、それまで苦労した分、達成感も大きく感じます。また、街中でお客様に製品を使っていただいているところを見ると嬉しく、お使いいただいているお客様にご迷惑をおかけしないよう品質を保たなければならないという責任感を強く感じます。

Q4CAREER

今後のキャリアプラン

クボタで実現させたい夢は、クボタを「農業機械・建設機械といえば、Kubotaの製品」と言ってもらえるような「グローバル・メジャー・ブランド」にすることが私の夢です。そのためには、製造部門での改善に日々取り組み、予想を超える品質・スピードで製品をお届けすることで、一人でも多くのお客様に感動をしていただくことが重要だと思っています。チャレンジしたいことは、海外工場の立ち上げです。現在、国内工場で働いていますが、ゆくゆくは海外の製造拠点立ち上げのプロジェクトを担ってみたいです。自ら考案した工場で、製品を量産するラインの据付にまでチャレンジすることができれば、量産した時の達成感は想像をはるかに超えたものになると、思いをめぐらしています。そのためにも、知識と経験を積み、重大な責務を任せてもらえるような人材になりたいと思っています。

ONE DAY SCHEDULE

  • 8:00/始業
  • 9:00/メールチェック・スケジュール確認
  • 10:00/前日の生産ラインの実績・トラブル報告の確認
  • 11:00/導入する設備の仕様の考案、図面化
  • 12:00/お昼休憩
  • 15:00/新規設備の立ち合い、テスト
  • 16:00/テスト結果を踏まえた打合せ
  • 16:30/業務の整理・机の片付けをして帰宅

OFF TIME

定期的に同僚とゴルフをしています。社内コンペで優勝するため、日々練習に励んでいます。先輩・後輩の関係なく仲の良い職場なので、ゴルフ中もワイワイ賑やかな雰囲気で楽しいですね。面倒見の良い人が多くいるので、一緒に練習に行って指導もしてもらっています。

その他の機械系の社員

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。