次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

圧延ロール

世界の鉄鋼業を支えるクボタ圧延ロール

1961年(昭和36年)、クボタは世界で初めて圧延ロールの製造に「遠心力鋳造」を採用しました。複層構造とすることで、ロール材質を革新。さまざまな圧延製品に対応し、世界に向けて多種多様な圧延ロールを製造・販売しています。「人に優しい新材質」を開発コンセプトに、優れた性能で生産性に貢献することに加え、「使いやすさ」「安全性」「コストパフォーマンス」を追求し続けています。

クボタのこだわり

クボタロールの特長 ロール革命をリードする“ハイス”

開発テーマはロングライフと美しさ

最も普及し、研究されてきた材料でありながら、なおも大きな可能性を秘めている金属=鉄。ハイテク・高機能化の時代を迎え、“新しい鉄”も次々と誕生しています。鉄をつくる技術・設備も進化し、圧延ロールへの要求性能も高度化。なかでも、圧延製品を美しく仕上げるロールの圧延面の性状(ロール肌)の確保と組み替え間隔の延長による生産効率や作業効率の向上に寄与することが課題です。“人にも設備にもやさしい”理想のロールを求めて、クボタの技術者たちは挑戦し続けます。

外層にハイス

クボタのロール技術陣が着目したのは、高速度工具鋼(High Speed Tool Steel = ハイス)。ロールの外層に、高温でも安定した特性を維持できるハイス系の硬い材料を適用。さらに特殊熱処理法や遠心力鋳造技術を駆使し、ロールの常識を覆した3層複合ハイスロールの開発に成功しました。

クボタハイス系ロールの特長

(1)作業効率の向上

耐摩耗性の飛躍的改善により、ロール原単位も大幅に向上します。また、ロール組み替え間隔が大幅に延長できます。

(2)製品歩留まりの向上

高温下でも耐摩耗特性に優れるため、ロールプロフィールが安定。歩留りや表面品質の向上にも貢献します。

(3)美しい製品肌

繰り返す熱疲労による肌荒れを抑制し、均一な組織により、美しい圧延製品が生産できます。

(4)設備にやさしいロール

クボタ独自の高度で多様な複合・接合技術の駆使により、設備に負荷をかけない、使用条件に最適なロールが設計・製造できます。

製品一覧

ホットストリップミル用ロール

熱延コイルを製造するために、高炉・電炉メーカーでの仕上圧延機で使用されるワークロール。

H形鋼用ロール

建築、橋梁、船舶、岸壁などに幅広く使用される、H形鋼を圧延するためのロール。水平ロールと竪ロールがセットとなって使用され、製品サイズに合わせて、幅広く柔軟に対応します。

条鋼用ロール

山形鋼、溝形鋼、棒鋼、また線材や鉄筋コンクリートの鉄筋として使用される異形棒鋼など、建築市場で使用されるさまざまな鋼材を圧延するため、本体部分に溝加工を施したロール。
用途に合わせ、さまざまなサイズ、材質、製法で対応し、高品質の製品づくりを支えています。

関連技術

独自開発の耐熱鋼、耐食鋼、構造用鋼、低合金鋼および耐摩耗鋼ほかラインナップ。

円筒形の型を高速回転させ、遠心力を利用して溶湯を加圧し、パイプ状の鋳物を製造する方法。

お問い合わせ

商品、サービス、メンテナンス等について不明な点や疑問点がございましたら、各拠点情報へ直接お電話いただくか、Eメールにてお問い合わせください。またお問い合わせいただく前に、FAQなどのサポート情報をご参照いただくと解決する場合がございますので、ぜひ一度ご覧ください。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。