次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2011年01月19日

海外向けトラクタ・コンバイン・田植機・乗用草刈機を日本市場で展開 ~高い基本性能・耐久性・シンプル機能・低価格で低コスト農業に貢献~

当社はこのたび、高い基本性能と耐久性を備えながら、機能を絞り込んだシンプル設計のグローバル戦略機を日本市場に投入します。グローバルに展開する当社機械事業のスケールメリット、コスト競争力を活かし、現行国内モデルよりも低価格で発売することで、日本農業の生産コストの低減に貢献します。
また、北米、欧州市場で展開している公園等緑地管理用の乗用草刈機も日本国内で発売します。

 

Ⅰ.背景

  • 国内農業は米をはじめとする作物価格の下落、燃油や肥料の高騰などにより生産コストの低減が求められており、農業機械に対する低価格ニーズが強くなっています。
  • 農家の生産コストの低減に貢献するために、世界で培われた技術を駆使し、高い基本性能と耐久性を装備しながら、必要な機能に絞り込んだ、現行国内モデルよりも低価格の機種を投入します。
 

Ⅱ.各製品の紹介

 

<1.トラクタ>

【商 品 名】

クボタトラクタ
「Grandom(グランダム) ワールド M108W」

【発 売 日】

平成23年1月

【型式と価格】

型式名 出力 希望小売価格(税込)
M108W 108馬力 6,594,000円~

【販売目標】

初年度 300台

【開発の狙い】

  • ①高い基本性能と、②シンプル機能・低価格を両立することで、営農規模拡大に伴い、複数台所有が必要な大規模畑作・酪農・畜産農家のセカンド、サードトラクタとして、低コスト農業に貢献することを目的に開発しました。

【主な特長】

(1)大排気量3.8Lの電子制御コモンレールエンジン搭載
  • 電子制御により完全燃焼を促進し、力強いトルクと低燃費、低騒音を実現した国内特殊自動車排ガス第2次規制適合の環境にやさしいクリーンなエンジンです。
  • 3.8Lの大排気量、108馬力の高出力かつ高いトルクのエンジンにより、多様な使用条件でも力強く余裕のある作業が行えます。
(2)視界の広いワイドキャビンを採用
  • ワイドキャビンの採用により、前後・左右ともに視界の広い、ゆったりとした快適な居住空間を実現しました。エアコン、CDラジカセも装備し、オペレーターの快適性を向上しています。
(3)機能を絞り込んだシンプルな仕様で低価格を実現
  • 機能を絞りこんだシンプルな仕様により、現行国内モデル(Grandom α(アルファ) M110A・110馬力)と比較して、最大で約30%安い価格を実現しました。

【製品に関するお問い合わせ先】

トラクタ事業推進部 (TEL:06-6648-3964)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<2.コンバイン>

【商 品 名】

クボタコンバイン「ワールドシリーズ」

【発 売 日】

平成23年8月

【型式と価格】

型式名 希望小売価格(税込)
WR460M-C 7,035,000円

【販売目標】

初年度 200台

【開発の狙い】

  • 中国、韓国、台湾など年間平均400~500時間の長時間作業(日本は平均100時間未満)が行われるアジアの国々で培われた耐久性を確保しながら、必要な機能に絞りこんだシンプルな設計により低価格を実現したアジア共通設計のコンバインです。

【主な特長】

(1)アジア各国の長時間作業にも通用する高い耐久性
  • 時間、作物、ほ場条件などの多用な使用条件に通用する耐久性の高い部品を「刈取搬送チェーン」、「脱穀部」、「クローラ」などに採用しました。

【磨耗に強い高耐久クローラ】 

(2)機能を絞り込んだシンプルな仕様で低価格を実現
  • 車速や刈り高さ制御などの自動化装置を省いたシンプルな仕様により、現行国内モデル(ダイナマックスシリーズER456(4条刈・56馬力))と比較して、約15%安い価格を実現しました。

【製品に関するお問い合わせ先】

作業機事業推進部 (TEL:06-6648-2101)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<3.田植機>

【商 品 名】

「ウエルスターシリーズ 1輪2条歩行田植機」

【発 売 日】

平成23年3月

【型式と価格】

型式名 条数 希望小売価格(税込)
SPW-28CB-JP 2条植 207,900円

【販売目標】

初年度 400台

【開発の狙い】

  • 中山間地の狭い棚田や、強湿田での作業は、軽くてコンパクトな一輪2条歩行田植機が適しています。中国の現地子会社(久保田農業機械(蘇州)有限公司)が生産・販売している歩行田植機を日本国内で販売し、日本の原風景である棚田の環境保全に貢献します。

【主な特長】

(1)業界最安価な価格設定
  • 中国の現地子会社生産のコスト競争力を活かし、国内の田植機で最安値となる価格を実現しました。
(2)アジアの圃場で培われた高い耐久性
  • 車軸の駆動をチェーンレスにすることで、チェーン切れがなく、耐久性が向上しました。
(3)メンテナンス性の向上
  • ボンネットがワンタッチで簡単に開くので、エンジンのメンテナンスが楽に素早く行えます。

【製品に関するお問い合わせ先】

作業機事業推進部 (TEL:06-6648-2101)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 

<4.乗用草刈機>

【商 品 名】

乗用モーア
・T1880(18.2馬力)
・G23HD(23.3馬力)

【発 売 日】

平成23年1月

【型式と価格】

型式名 希望小売価格(税込)
T1880-J 735,000円
G23HD-J 2,835,000円

【販売目標】

初年度
・T1880  300台
・G23HD  200台

【開発の狙い】

  • 近年、環境保全意識が高まる中、校庭の緑化や都市部の公園の緑地整備が進んでいます。北米、欧州で乗用草刈機を長年販売してきた実績と技術を活かし、国内向けの新製品を開発することで、日本の環境保全に貢献します。 

【主な特長】

<T1880>
(1)初めてでも扱いやすく、安心で優れた作業性を持つ『校庭緑化』向け低価格モデル
  • オペレーターが座席を離れるとエンジンが自動停止するほか、作業状態で後進するとエンジンが自動停止するため、安心して作業ができます。
  • HST無段変速の搭載により、車速と前後進がペダル操作だけでできます。
  • 刈刃の形状を改良したことにより、刈刃の回転による送風で芝を立たせて刈り取ることができ、きれいな刈り跡に仕上がります。
<G23HD>
(1)オペレーター一人で刈取・集草・排出ができる『公園緑地管理』向け本格プロユースモデル
  • ギア駆動式ツインカットモーアの採用により、2枚の刈刃が中央部でラップしているため、刈り残しがありません。
  • 集草機につながるダクトの幅を広くすることにより、草の排出がスムーズになりました。
  • 大容量640Lの集草機により、長時間の連続作業ができます。
  • 最高1930mmの高さまで集草機を上昇できるため、2tトラックの荷台に余裕を持って排出できます。

【製品に関するお問い合わせ先】

トラクタ事業推進部 (TEL:06-6648-3964)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上

プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。