次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2011年06月27日

農機用油圧機器生産拠点をタイに設立~部品製造から農機組立てまで現地一貫生産体制を確立~

 クボタの子会社で、農機用機械部品を製造するクボタ精機株式会社が、本年4月、タイに油圧機器の生産拠点(クボタプレシジョンマシナリー(タイランド)、以下「KPMT」)を新設しました。
 本年2月設立のエンジン製造会社(クボタエンジン(タイランド)、以下「KET」)に加え、新会社(KPMT)からも現地製の基幹部品を農機の生産拠点(サイアムクボタコーポレーション、以下「SKC」)に供給し、農機部品の現地調達を拡充します。
 基幹部品の製造から農機の組立まで一貫生産体制を確立し、タイをアジアのモノづくり戦略拠点と位置付け、更なるグローバル展開を目指します。
  ※クボタエンジン(タイランド)設立発表のプレスリリース⇒http://www.kubota.co.jp/new/2011/engine.html

1.新会社の概要

○ 会社名 KUBOTA Precision Machinery (Thailand) Co.,Ltd.
(クボタプレシジョンマシナリー(タイランド)Co.,Ltd.)
○ 設立 2011年4月1日
○ 所在地 タイ国アマタナコン工業団地
(SKCアマタナコン工場近隣)
○ 生産面積 約1,100㎡(レンタル工場)
○ 資本金 約1.2億円
(4500万バーツ 換算レート:2.7円/バーツ)
○ 出資形態 クボタ精機100%出資 
※クボタ精機はクボタの100%子会社
○ 投資総額 約1.2億円
(4400万バーツ 換算レート:2.7円/バーツ)
○ 事業内容 トラクタ用油圧シリンダの生産
○ 生産能力 5万台/年
○ 従業員数 約60人(2012年)
○ 生産開始 量産開始2011年7月予定

2.新会社設立の背景・狙い

  • 農機の基幹部品である油圧機器の現地生産拠点を設立し、タイ現地の農機生産拠点(SKC)に高品質かつ、コスト競争力の高い油圧機器を供給することで、クボタブランドの確立を推進します。
  • 基幹部品のエンジンと油圧機器の製造から農機の組立まで、タイ現地で一貫生産することにより、コスト競争力を強化するとともに為替変動リスクを回避し、農機事業の体質強化と更なる拡大を目指します。
  • 将来的には、生産部品のラインナップを拡充するほか、外販も行うグローバル供給拠点として活用し、油圧機器事業の拡大を図ります。

  

3.今後の予定

  • 2011年7月に量産を開始し、2015年には約5万台を生産する計画です。

<タイの拠点配置図>


<ご参考>
【クボタ精機株式会社の概要】
○設立 1947年5月
○所在地 大阪府堺市美原区
○事業内容 農業用機械部品(油圧機器、その他精密機械部品)の設計および製造・販売
○資本金 4.8億円
○出資比率 クボタ100%
○従業員数  約300名

【SKC(サイアムクボタコーポレーションCo.,Ltd.)の概要】
○設立 2010年8月
(ザ・サイアムクボタインダストリーCo.,Ltd.とサイアムクボタトラクターCo.,Ltd.を統合して設立)

【SKCアマタナコン工場】
○本社所在地 タイ国パトゥムタニー県クロンルアン郡ナワナコン工業団地
○事業内容 タイ国内および周辺国向けトラクタ、コンバイン、インプルメント、横型ディーゼルエンジン、耕運機等の製造
○資本金 約27.4億バーツ
○出資比率 クボタ60%・サイアムセメントグループ40%
○従業員数  約1800名
 

以上

プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。