次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2011年11月22日

タイ王国洪水の被災地域への支援について(2)

今般の大雨による洪水被害で被災されたタイ王国国民の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
クボタグループは、タイ王国で1970年代後半にサイアムセメントグループと合弁会社を設立、横型ディーゼルエンジンを中心に事業を開始して以来、耕うん機、トラクタ、コンバインなどの製造販売へと事業を拡大してきました。永年、農業分野を中心に深い関わりを持ち、タイ王国の国民の方々によって支えられてきました。このたび、タイ王国の被災地域の一日も早い復興を支援するため、工場内の洗浄等に使用できる工業用水の供給が可能なユニット型の浄水設備(発電機付属)をタイ王国政府に寄付することを決定しました。


1.支援の内容

(1)ユニット型の浄水設備 10台 総額 約2億円
(2)上記設備の輸送・設置  
(3)オペレーターの派遣 3名
<セラミック膜ろ過装置>

2.ユニット型の浄水設備の概要

「セラミック膜ろ過装置」と「発電機」を組み合わせたユニット型の浄水設備。

品目 用途
セラミック膜ろ過装置 洗浄水の供給 冠水した工場の生産設備などの汚れを洗浄するために利用する。
手洗い水の供給 手洗い用の水を確保し、衛生環境の改善を図る。
発電機 電力の供給 膜ろ過装置およびその他の用途への電力供給に使用する。

<ユニット型浄水設備の仕組み>

3.設置場所

水が引き次第、アユタヤ県のロジャナ工場団地など7つの工業団地に設置する予定です。

以上

( お問い合わせ先:株式会社クボタ 広報室 TEL:06-6648-2389 )

プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。