次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2011年04月12日

被災地の農産物の社員食堂利用や社員向け販売会を実施し、被災農家を支援

この度の東日本大震災で被災されました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
原発事故に端を発した風評被害により福島県、茨城県などを産地とする農産物の出荷が滞っている状況にあります。
当社は、長年、農業の機械化を通じて、農家の方々と深く関わってきました。このたび、出荷制限に該当しない福島県、茨城県などを産地とする農産物を社員食堂で利用するとともに、社員向け販売会を行い、被災農家を支援して参ります。

1.支援の内容
風評被害を受けている福島県、茨城県などを産地とする出荷制限に該当しない農産物を社員 食堂で利用するとともに、社員向け野菜販売会を実施いたします。

2.開始時期(予定)
4月中旬より全国の事業所にて順次開始
 ※本社・東京本社では4月14日からコメの提供を開始いたします。他事業所についても入荷次第、開始いたします。
 ※全国の給食施設のある事業所13ヶ所で実施。利用者は計約1万人。

以上

プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。