次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2011年08月03日

地方都市・農村地域向け介護事業を開始します~園芸・農作業を組み入れた特色のある介護施設を運営~

当社は、地方都市・農村地域を主な対象とした介護事業に参入、9月より事業を開始します。園芸や農作業を組み入れた特色のある介護施設を運営する介護事業会社『株式会社クボタライフ九州』を九州・熊本県に設立。CSR(企業の社会的責任)の一環として、農業の機械化で長年深く関わってきた農村地域のお役に立つための新規事業として位置付け、展開を図ってまいります。

 

1.新会社の概要

○ 会社名 株式会社 クボタライフ九州
○ 介護施設名 デイサービス ライフ上熊本(仮称) 【定員40名】
○ 設立 2011年7月7日
○ 代表者 代表取締役社長  小林 雅子 (9月1日就任予定)
○ 所在地 熊本県熊本市花園1-4-2(現、(株)中九州クボタ「ライフ熊本営業所」)
○ 資本金 2.5億円
○ 出資比率 (株)クボタ 100%
○ 事業内容 通所介護(デイサービス)、訪問介護(ホームヘルプ)、ケアマネジメント、福祉用具レンタル・販売
○ 従業員数 約30人(2012年4月)
 

2.新会社設立の背景・狙い

  • 国内の高齢化は急速に進展しており、とりわけ地域への定住意識が強い農村ではこの問題が深刻化しています。
  • 当社は長年、農業の機械化を通じて農村の方々と深く関わってきました。これらの地域で、園芸や農作業を組み入れた特色のある介護施設を運営するほか、農繁期にはサービス時間の延長も行うなど、利用者と利用者のご家族がともに喜んでいただけるサービスを提供し、地域の問題解決に貢献することを目指します。
 

3.活動内容

現在、介護事業を行うクボタの農機販売会社、(株)中九州クボタ(本社:熊本市)の介護部門の事業を継承し、新たな事業を付加する形で事業運営を開始します。

【車椅子】


【既存事業】(2011年9月から開始)
○福祉用具レンタル・販売
 ベッド、車椅子、消耗品などのレンタルと販売。

○住宅改修
 居宅介護に適した住宅関連機器(手すり等)の取り付けや床面の段差改修等。

【新規事業】 (2012年4月から開始
○通所介護(デイサービス)
  • 農業に関わるクボタとして、『園芸・花・農作物』をコンセプトとした施設づくりと、利用者の『心の安らぎ』や『運動機能の維持・向上』のニーズにも応える特色のある施設づくりを行います。
  • 花壇を設置し、ハーブや栽培が簡単な野菜を利用者が育て、施設で利用できる農作物を有料で買い取ることにより、利用者にやりがいを持って意欲的に活動して頂きます。
  • 農繁期には、サービス時間の延長、休日対応をはじめ、宿泊対応も行うことで、利用者のご家族のお役にも立てる施設運営を行います。

【花壇を利用した野菜栽培のイメージ】

<施設の特徴>
1) 屋外ハウスで花壇を利用した園芸
2) フラワーアレンジメント・盆栽教室
3) 筋トレマシンを利用した運動機能維持向上
4) 人工炭酸泉を使った入浴施設
5) 地産地消の食事

○訪問介護(ホームヘルプ)
 ホームヘルパーが居宅を訪問し、入浴、排泄、食事などの身体介護や調理、洗濯などの生活援助を行います。

○ケアマネジメント
 ケアマネージャによるケアプランの作成。

○宅配食
 デイサービス利用者や近隣の方への夕食の宅配。

 

4.今後の予定

将来的には全国展開する計画です。農機販売会社がある20~30の地域で、それぞれの状況に応じた施設を運営することを目指します。  

以上

プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。