次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2010年12月20日

クボタサンベジファーム(株)かなん農場が完成

本年2月に設立した障がい者雇用と遊休農地活用を目的とした水耕栽培事業会社「クボタサンベジファーム株式会社」の“かなん農場”(大阪府南河内郡河南町)が竣工しました。新規雇用した10名と他2名の計12名の障がい者が、野菜の水耕栽培を行います。

1.新会社の概要

○会社名 クボタサンベジファーム株式会社
○事業内容 遊休農地を活用した、野菜の生産(レタス類、サラダ菜、水菜、菊菜などの水耕栽培)と販売
○農地所在地 大阪府南河内郡河南町白木101番
○施設規模 敷地面積:約3,500㎡・ビニルハウス:約2,500㎡
○資本金 1,000万円
○代表者 代表取締役社長 小頭 芳明
○人員構成 社長、取締役(2名)、従業員(12名) 計15名(内、障がい者12名)
○設立日 平成22年2月10日
○販売開始 平成23年1月末(予定)


2.かなん農場の特徴

○ かなん農場は、環境への負荷低減のため、以下のエコ設備を設置しています。
  • 太陽光発電システム
  • 木質(竹材含む)ペレット炊きボイラー
  • パッドアンドファン方式による空冷システム
    (水の蒸発による冷却メカニズムを利用した簡易冷房技術の一つ)


3.その他

○ クボタワークス株式会社に次ぐ当社2社目の特例子会社となります(今後申請予定)。
○ 生産した野菜はクボタ社員食堂と、近隣の小売店に販売する予定です。


<ご参考>クボタワークス株式会社の概要
○会社名 クボタワークス株式会社
○設立日 平成14年7月1日
○操業日 平成15年4月1日
○特例子会社認定 平成15年6月20日
○資本金 5,000万円
○代表者 代表取締役社長 小頭 芳明(役員;取締役2名、監査役;1名)
○従業員 29名
○主な事業内容 1)印刷部門、2)清掃部門、3)メール部門


<竣工式の様子>  
 
<植え付けの様子>  
<クボタサンベジファーム(株)で働く社員>  
<水耕栽培の野菜> <農場の外観>

以上

プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。