次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2010年06月01日

環境省より『エコ・ファースト企業』に認定 ~環境経営度№1を目指し、環境先進企業として地球環境保全に取り組みます~

当社は5月31日(月)、環境省の「エコ・ファースト制度」に基づき、環境大臣にクボタグループの地球環境保全の取組みに関して、「エコ・ファーストの約束」を行い、「エコ・ファースト企業」として認定され ました。

(認定式の様子)

1.クボタグループの「エコ・ファーストの約束」(詳細はこちらをご参照下さい)

クボタグループは、「食料」・「水」・「環境」の分野で、社会の発展や地球環境の保全に貢献する企業グループでありたいと考え、地球環境の保全を事業経営の最重要課題と位置付け、以下の取り組みを進めます。

  • (1)地球温暖化の防止に向けた取り組みを重点的に実施します。
  • (2)循環型社会の形成に向けた取り組みを積極的に推進します。
  • (3)化学物質の適正な管理を積極的に推進します。
  • (4)生物多様性の保全のための活動を推進します。
当社は上記取り組みの進捗状況を確認し、その結果を環境省に報告するとともにCSR報告書などによる公表を行ってまいります。


   

2.ご参考
「エコ・ファースト制度」

環境保全に関する業界トップランナー企業の行動を更に促進していくために、企業が環境大臣に対して、地球温暖化対策など、自らの環境保全に関する取り組みを約束し、その目標や実現のための取り組みが、業界のトップランナーとしての先進性を有すると判断される場合、「エコ・ファースト企業」として認定 する制度。(環境省が2008年4月創設)
環境大臣より「エコ・ファースト企業」として認定された企業は、店舗・広報等において「エコ・ファースト・マーク」の使用が認められます。

以上

プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。