次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2010年7月23日

中国における小型建設機械事業の拡大について

当社は、小型建設機械世界NO.1メーカーとして、中国での製造会社新設による現地生産と販売拠点の拡充で事業拡大を図り、中国市場での確固たる地位を築いてまいります。

1.新会社の概要

○会社名 久保田建機(無錫)有限公司(仮称)
○設立予定 2010年12月
○所在地 江蘇省無錫市(こうそしょうむしゃくし)
○敷地面積 約14万㎡(内、建屋面積 約3万㎡)
○資本金 40億円(3.0億元  ※換算レート:13.2円/元)
○出資形態 クボタ100%出資
○投資額 37.9億円(2.9億元 ※換算レート:13.2円/元)
○事業内容 中国国内市場向け建設機械の生産
○従業員数 約200人
○生産開始 量産開始 2012年1月

 

2.新会社設立の背景・ねらい

  • 急速な経済成長が続く中国における建設機械の需要は、経済成長と同様に今後も伸長が見込まれ、将来、世界最大の市場になると予測されています。
  • 当社は2003年、上海に販売会社(久保田建機(上海)有限公司、以下、KCS)を設立し、2009年からはレンタル工場で現地調達部品の部分組付けを行っています。
  • 中国に製造拠点を新設し、現地生産を本格化することにより、①コスト競争力の強化、②為替変動リスクの回避、③需要拡大への供給力増強、を図ります。将来的には、アジア新興諸国への輸出製造拠点の役割も果たします。
  • 現在の国内(大阪・枚方製造所)、ドイツ(クボタバウマシーネンGmbH)に、中国を加えた3生産拠点とすることで、需要変動に即応する最適なグローバル生産体制の構築を図ります。


3.今後の予定

  • 2012年1月に量産を開始し、2018年には約1.4万台の生産を目指します。
  • 今後、ディーラー網の組織固めと拠点の拡充・強化を図り、中国市場シェア(0‐6tクラス)2009年13.3%を2018年25%へ拡大を図ります。
 

以上

プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。