Kubota - 美しい日本をつくろう -

ニュースリリース

平成21年4月27日
 
インドで水道用ダクタイル鉄管の量産を開始
―――合弁会社のインド・カラプール工場が竣工―――

 当社とインド財閥タタグループの中核企業タタ・スチールの子会社である「タタ・メタリクス株式会社」(インド西ベンガル州コルカタ市)および「株式会社メタルワン」(東京都港区)が出資する「タタ・メタリクス・クボタ・パイプス社」のカラプール工場が竣工、水道用ダクタイル鉄管の量産を開始しました。 
 4月にインド国内販売を開始し、10月からは当社が合弁会社から製品を購入し、中東等への輸出を開始する予定です。

                                 記

工場の概要
○会社名 TaTa Metaliks Kubota Pipes Limited. (タタ・メタリクス・クボタ・パイプス社)
○工場所在地 インド西ベンガル州カラプール市(コルカタ市の西約130km)
○生産品目 水道用ダクタイル鉄管(口径80mm〜800mm)
○生産計画 2009年:6万トン、2011年:11万トン
○従業員数 約500名(2011年予定)
 ・基本合意の際のプレスリリース ⇒ http://www.kubota.co.jp/new/2007/india.html
 ・正式契約締結のプレスリリース ⇒ http://www.kubota.co.jp/new/2007/india7-20.html

 
工場外観   同工場で製造したダクタイル鉄管

以上


プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

戻る


Copyright(c)1996-2005 Kubota Corporation. All Rights Reserved. このページのTOPへ