Kubota - 美しい日本をつくろう -

ニュースリリース

平成19年1月17日
 
中国で歩行形田植機の生産・販売を開始

 当社の中国現地法人子会社でコンバインを製造・販売する久保田農業機械(蘇州)有限公司(以下、KAMS)が、拡大する中国の自脱型コンバイン市場に対応するために建設を進めておりました新工場がこのほど完成いたしました。現在、量産体制の整備を進めていますが、新たに中国向け歩行形田植機の製造・販売を開始しますのでお知らせいたします。

                                  記

1.歩行形田植機の市場投入について
(1)市場投入に至る背景
○中国の田植機市場は、政府による農業機械化促進策により機械化率が2005年で約8%に増加しています。
 2011年にはこれを20%強に引き上げることが目標とされており、今後急速に需要が拡大することが見込まれます。

○当社は、昨年、現地でサンプル機をテスト販売し市場調査を行なっておりましたが、田植機市場の急速な
 拡大を見据え、量産体制を整えたKAMSを拠点として現地生産・販売を行なうこととしました。


(2)新たに生産・販売する歩行形田植機の概要
○機  種 : 歩行形田植機(4条)
○特  徴 : 中国市場向けに機能をシンプルにし、軽量・コンパクト化と耐久性を向上させています。
○価  格 : 1.98万元/台(約30万円)
○発売時期: 2007年1月
○販売台数: 4000台/年(07年目標)

    


2.新工場の概要
   〔新工場外観〕                                               


(1)所 在 地   中国江蘇省蘇州市蘇州工業園区
(2)面   積   敷地:約12.7万屐 ◆〃坪:約3.3万
(3)投資金額   約20億円
(4)生産能力   自脱型コンバイン 6,000台/年 、 歩行形田植機 4,000台/年
(5)設備内容   溶接・塗装・組立・テスト・品質検査・サービス・テスト圃場・製品展示場
(6)竣 工   2007年2月2日、現地で竣工式を行なう予定
(7)人  員   約500人


<ご参考>
久保田農業機械(蘇州)有限公司の概要
本  社 中国江蘇省蘇州市蘇州工業園区蘇虹東路77号
代 表 者
 
董事長   北岡 正好(クボタ取締役 作業機事業部長)
総経理   中居 俊雄
資 本 金 2100万US$
事業内容 自脱型コンバイン・田植機及び部品の生産・販売・サービス
売 上 高(05年) 5億5千万元


プレスリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

以上


戻る


Copyright(c)1996-2005 Kubota Corporation. All Rights Reserved. このページのTOPへ