壁がある。だから、行く。壁がある。だから、行く。

“未来が見える彼女”が帰った収録後、
空気環境の未来への熱い議論が始まった!

CMアフターストーリー

未来の空気環境は
世界の課題だと熱く語る番組司会者。
彼女が帰った後、収録中に語りきれなかった
思いを番組スタッフにぶつけていた。

水の大切さと

空気の大切さは

きっと同じなんだ。

司会者(パックンさん)

司会者

「いい仕事をした後の一杯の水は格別だよね!」

番組スタッフ

「今日、冴えてましたもんね!」

司会者

「でしょ 。番組でも触れたけど、
SDGsの目標にも
“安全な水とトイレを世界中に”ってあるじゃない?
世界の暮らしを考えてたら、
『水』が当たり前にキレイであることって、
すごく貴重なことなんだと思えてきてね。
で、思考を進めていくと、より良い未来に向けては
『空気』も同じなんじゃないかって
気づいちゃったんだよね!」

安全な水とトイレを世界中に

番組スタッフ

「『空気』ですか・・・ そういえばこのスタジオも
新しい空気清浄機を導入したなぁ。」

司会者

「じつは今、個人レベルだけでなく社会全体として
『空気』への意識が高まっているんだ。
大きな施設や病院、学校などは特にそうで、
人々が集まる場所の空気をどう安心で
快適なものにしていくかは、
未来の大きな課題として認識されているんだよ!
みんなが気兼ねなく集まれる未来が、
一日も早く来てほしいよね!」

番組スタッフ

「そうですねぇ。身の回りの空気に関して、
漠然とした不安ってこれからもありそうですもんね…」

司会者

「でも不安を解決するだけじゃないよ!
たとえばウェルビーイングって知ってる?!
近年、企業などにも取り入れられている概念で、
人々の幸福を表す新しい尺度なんだ。
職場の空気環境を向上させることは、
働く人のウェルビーイングを高める施策のひとつとして
注目されているんだよね!」

水の技術が空気環境をつくる?

すごく健やかな

未来が待ってそうですね!

番組スタッフ(皆川猿時さん)

番組スタッフ

「空気の価値って、これからますます
高まっていくんですねぇ。」

司会者

「そのとおり。空気は水道や電力と同じくらい
重要なインフラとして考えていかなければならないね。
で、すでに動き出している会社もあるんだ。
人が集まる場所の空気を
『水』で解決する技術って、
すっごく気になるんだよね!
ね、今からボクとじっくり
語り合ってみない?」

番組スタッフ

「お〜っと、そろそろ時間だ!
で、その技術、どこがつくってるんだったかな…」

司会者

「えっと、そうだ 、 さっきのお客さんが言ってた!
それ、クボタがやるって!」

それ、クボタがやる。

人の暮らしと地球を支えてきたクボタだから。

ピュアウォッシャー

たとえば、水の技術で安心・快適な
空気環境を実現する業務用加湿空気清浄機。
健やかな「都市環境・生活環境」の未来に貢献します。

大空間ピュアウォッシャー技術

CLOSE

NEXT

PREVIOUS

back