壁がある。だから、行く。壁がある。だから、行く。

Documentary of KubotaVol.2France

クボタの小型建機は、歴史保全と環境保全に厳しいヨーロッパにおいてシェアNo.1を約30年もの間維持しています。ヨーロッパの景観、環境、文化を守る使命に挑戦するクボタの活動をご紹介します。

PHOTO

古き良き街並みを守りながら、
都市を発展させられるか?

  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO

パリ。古き良き風景を残す美しい街。
世界中から観光客がやってくるこの街でいま進んでいるのは、
交通やインフラを整備しパリをさらに発展させようという都市計画。
歴史的な建物が多いこの街の工事現場で、クボタはどんなふうに役に立っているのか。
お話を聞いてみました。

PHOTOPHOTO

パリ市民 アビスさん

私はずっと昔からパリに住んでいます。
パリは世界でも珍しいほど
美しい歴史的建造物が多く残る街ですよね。
ただパリは、歴史を大切にしながらも
多くの変化を遂げてきた。
これからも観光、経済、そして市民の暮らしにも気を配った〝先進的な歴史的都市″であってほしいですね。
パリが大好きです。

建機オペレーター マトスさん

20年以上、建機のオペレーターをしているよ。
クボタの正確さとレスポンスの良さは、すごく助かるね。
歴史的な建物が多いパリの現場でも
周りを傷つけずにアプローチできるんだ。
パリに新しい地下鉄を通す為に、トンネルを掘った時も
クボタでやったんだ。

PHOTO

自慢の仕事のひとつだよ。
この仕事が好きなんだ。
難易度の高い工事をするのがね。
誰にでもできるわけじゃないからさ。
これからも常にいい仕事を、難しい作業を、
やり遂げていきたい。それが俺の夢だよ。

変わらないことと、変わり続けること。その両方を大切にしながら発展していく街。
パリは素晴らしいところだよ。誰に聞いても自信をもってそう答える。
なんだかとても、かっこよかったです。

History

クボタの建設機械の歴史

クボタの建機ミニバックホーは、1974年に販売を開始。
2002年より世界シェアNo.1を獲得。
現在では約50カ国に販売され、世界中の都市のインフラ整備等に貢献しています。

  • PHOTO

    ミニバックホー
    KH1第1号機

  • PHOTO

    1988年には
    欧州シェアNo.1を獲得。
    西ドイツに製造販売拠点を設立

  • PHOTO

    インドでも活躍する
    ミニバックホー

PHOTO

建設機械「ミニバックホーの匠」

クボタ建設機械 技術の歴史について
詳しくはこちら

CLOSE

NEXT

PREVIOUS

back