次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

Japan

クボタ地球小屋 TERRA-KOYA

  • 7月28日(1日目)
  • 7月29日(2日目)
  • 7月30日(3日目)
  • 7月31日(4日目)

今回で7回目の「クボタ地球小屋」。
昨年に引き続き、山形県庄内町へ、福島県から20名の子ども達を招待しました。
霊峰月山の麓で、大自然に囲まれた3泊4日の体験学習を通して、
自然の恵みの豊かさや地球環境の大切さについて学びました。

2日目の朝。モーニングウォークをした後、北月山荘前の広場で大縄跳び。
子どもたちは普段も学校でやっているらしく、とても上手でした。

お米の教室では田んぼの仕組みやお米について勉強しました。
精米機を使って、稲穂からお米の殻をとった茶色い玄米を、
いつも食べている白いお米にする精米を実際にやってみました。

玄米を「飯ごう」で炊きました。
火起こしからこどもたちだけでチャレンジ、がんばるぞー!

玄米がおいしく炊けました。
炊き立ての玄米ご飯を慣れない手つきで一生懸命おにぎりを握る子どもたち。
葉っぱで包んで完成です。

田んぼに移動して昼食です。
自分たちで握ったおにぎりを食べるのは格別です。

南東北クボタのスタッフによる農業機械の紹介。
お米をつくるのに今では欠かせないトラクタや田植機、コンバインです。
普段なかなか触れることのない農業機械にみんな興味津々。

田んぼの教室では草取りのお手伝いをしました。
ぬるっとした土の感触に子どもたちは大はしゃぎでした。

地元名産のあま〜い尾花沢すいか。おやつにいただきました。

地元の語り部の方との交流です。庄内町の民話や方言を披露して頂きました。

ページの先頭へ

株式会社クボタ

KUBOTA REPORT 2017

茯帥腴眼御