次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

Japan

クボタ地球小屋 TERRA-KOYA

  • 7月26日(1日目)
  • 7月27日(2日目)
  • 7月28日(3日目)
  • 7月29日(4日目)

首都圏の小学校4〜6年生21名が、長野県安曇野市のシャロムヒュッテで3泊4日のキャンプに参加しました。森の散策やパーマカルチャーガーデンでの野菜の収穫や種まき体験をしたり、川辺での水遊び、合鴨農法の田んぼでの草抜きなど盛り沢山のプログラムを楽しみ、地球環境の大切さを学びました。

2人一組で手を引いてもらいながら鏡を鼻の下にあてて歩くと、地面の代わりに、
葉の裏側や木々の間の空が見えて、宙に浮いたみたいに変な感じ!不思議な体験できました。

「シャロムヒュッテ」のオーナー臼井さんから、トイレの堆肥化、自家製コンポスト、
排水で育てる稲の話など、人が自然と共に生きる生活の知恵の話をいっぱい聞きました。

今日は農園の野菜を収穫。皆で一緒にお昼ご飯作りしました。
竹棒の先で焼いたパンおいしいよ。ほうとうもたくさん食べておなかいっぱいに。

午後は川遊び。遊びながらきれいな水を守ることの大切さを学び、
清流だけに棲む生き物を探したよ。

ページの先頭へ

株式会社クボタ

KUBOTA REPORT 2017

茯帥腴眼御