毎日新聞(全国版) 2004年8月30日(月) 掲載
食品工場のかき氷シロップだってエネルギーになる。

食品廃棄物 → 前処理装置 → 可溶化槽 → メタン発酵槽 → バイオガス → 発電設備・ボイラーなど → エネルギー

食品工場で出る食品廃棄物からバイオガスを取り出し、電気などのエネルギーに変える技術「クボタ膜型 メタン発酵システム」。
シロップをはじめ、菓子、乳製品、野菜、フルーツなど、幅広い食品に対応できます。
つまり、これからは食べ物だってリサイクル。

クボタは、そんな循環社会をはじめるお手伝いをしています。