次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

クボタパイプシステム事業部
ダクタイル鉄管

Menu

 

NECSダクタイル鉄管 NECS

 
特長
生産工程を革新し、CO2 発生量を大幅に低減した地球環境に優しい製品

管の軽量化

NS形3種管より軽く現場での取り扱いが容易で呼び径75は人力での運搬も可能です。

※NECSにはポリエチレンスリーブの装着が必要です。※使用設計水圧1.3MPa以下

経済性比較(呼び径150)

<算出条件>

  1. 工事費は約500mモデル管路で算出
  2. GX形管の管厚はS種管(内面粉体塗装管)、ポリエチレンスリーブ被覆なし。
  3. 水道配水用ポリエチレン管は浸透防止スリーブ被覆なし。
  4. NS形E種管はポリエチレンスリーブ被覆あり。
  5. 管財・土木資材費は、建物物価と積算資料の平均値を用いた。
    ただし、NS形E種管などの記載がないものはメーカー標準価格から実勢価格を想定。
    (土木費には舗装の仮復旧と本復旧を含む。土留工、土砂処理費および消火栓室設置費用は未計上)
  6. 設計歩掛・掘削幅は、全国簡易水道協議会発行「水道事業実務者必携」の「水道施設整備費国庫補助事業に係る歩掛表」に準拠。
    NS形E種管はGX形管に準拠
  7. NS形E種管の埋戻しは購入土と発生土の両方の場合を示した。

新たな技術開発
挿し口突部

新たな形状の挿し口突部を開発。離脱防止性能は従来と変わらず3DkNを維持します。(D:呼び径)


内面塗装

内面粉体塗装における有機溶剤使用率を低減し、環境に優しい製品を実現しました。


耐震管の基本性能を保有

複数回の大地震にも耐える鎖構造管路

局所的に集中する地震時の地盤歪を複数の継手の伸縮・屈曲により吸収できるため、
管体自体が伸びたり、地盤の圧縮により座屈が生じることはなく、繰り返しの大地震にも耐えることができます。


地震に強いダクタイル鉄管の特徴

地震
発生時
継手は伸縮が可能な中立状態
一つの継手が最大まで伸び出すと、隣の管を引張りながら次々と継手が伸び出します。
継手が伸縮・屈曲することで管路全体で地盤の変位を吸収します。

水圧や地震等による大きな力が作用しても変形が残らない管材

ダクタイル鉄管は、管体の引張強さや伸びなどが長期間使用しても変化しません。


Page Top
異形管について
軽量化、接合性を大幅に向上させたNECSの異形管
ショートボディ化 
ロックリングを外付けにしたことで、ショートボディ化を実現しました。
受口を軽量化 
受口フランジ形状を角型に変更しました。
接合性の向上 
挿入量の確認が不要になり、スピーディーな接合を実現しました。


Page Top
溝加工なしで3DkN以上の離脱防止性能を確保する切管ユニット



Page Top
施工事例
静岡県浜松市様
呼び径75×260m
栃木県芳賀中部上水道企業団様
呼び径100×250m


Page Top

 

ページトップへ戻る