次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

クボタパイプシステム事業部
ダクタイル鉄管

Menu

 

製品FAQ 製品

Q1.GENEX(GX形)とNS形の直管、異形管受口用の栓はありますか。

Q2.GENEX(GX形)のP-LinkとG-Linkの使い分けを教えて下さい。

Q3.呼び径500~1000NS形両受曲管のラインアップについて教えて下さい。

Q4.空気弁を据え付ける時の傾きの限界角度を教えて下さい。

Q5.ダクタイル鋳鉄製水管橋の工場での仮組立時の確認項目について教えて下さい。

Q6.GENEX(GX形)の短管1号・2号は生産可能でしょうか。

Q7.滑剤の成分及び衛生性(安全性)について教えて下さい。

Q8.GENEX(GX形)等の接合工具の価格を教えて下さい。

Q9.NS形やGENEX(GX形)を接合する際に滑剤1缶で塗布できる継手数を教えて下さい。 

Q10.浸透性シールコートの採用開始時期を教えて下さい。

Q11.ダクタイル鉄管の実耐用年数を教えて下さい。

 

Q1.

GENEX(GX形)とNS形の直管、異形管受口用の栓はありますか。

A1.

GENEX(GX形)、NS形の直管や異形管の受口に使用できる栓は販売されています。詳細は以下のメーカにお問い合わせください。ただし、JDPA規格品ではありません。

Page Top

 

Q2.

GENEX(GX形)のP-LinkとG-Linkの使い分けを教えて下さい。

A2.

P-Linkは直管受口に切管を接合する場合に使用し、G-Linkは異形管受口に切管を接合する場合に使用します。P-LinkとG-Linkについて、接合パターン毎に使用できる場合とそうでない場合を図表に記載しています。

Page Top

 

Q3.

呼び径500~1000NS形両受曲管のラインアップについて教えて下さい。

A3.

呼び径500~1000NS形両受曲管について、45°と22 1/2°はJDPA規格、90°と11 1/4°はメーカー規格として製作可能です。各部寸法は弊社までお問い合わせ下さい。

【ご使用時の留意点】

  • 製造納期3カ月程度を要するため、計画段階から設計折込みをしてください。
  • 使用場所の多くは、PIP立坑の立ち上り配管部です。
  • 伏越部でも残管処理として使用される場合があります。
  • 呼び径900、1000の11 1/4°曲管の製作可否や納期については、弊社へ必ずご確認願います。
Page Top

 

Q4.

空気弁を据え付ける時の傾きの限界角度を教えて下さい。

A4.

空気弁の立ち上がり管は、浮球が円滑に作動するよう垂直に取り付けて頂いております。JWWA B 137-2004「水道用急速空気弁」にも記載されている通り、やむを得ない場合でも立ち上がり管の傾斜角は2°以内として下さい。

 

Page Top
Q5.

ダクタイル鋳鉄製水管橋の工場での仮組立時の確認項目について教えて下さい。

A5.

ダクタイル鋳鉄製水管橋の内、FT形水管橋、FGX形水管橋は工場で仮組検査を行い、次の3項目について確認しています。

  • ①橋長
  • ②管自重時のキャンバ(空管時)
  • ③軸心と水管橋中心線とのずれ量
Page Top

 

Q6.

GENEX(GX形)の短管1号・2号は生産可能でしょうか。

A6.

管路の耐震化の観点から、フランジ継手を含む短管1号、2号はJDPA規格になっていません。ただし、メーカー規格としては製作可能です。 GX形短管1号、2号の有効長は下表の通りです。

(単位 mm)
呼び経 短管1号 短管2号
75 80 390
100 80 390
150 90 400
200 90 410
250 100 460
300 100 480
400 110 510
Page Top

 

Q7.

滑剤の成分及び衛生性(安全性)について教えて下さい。

A7.

滑剤の成分及び衛生性(安全性)については以下の通りです。

  1. 滑材の成分
    主成分はポリカルボン酸塩であり、食品添加物公定書、又は米国FDA(食品医薬品局)などに規定される添加物および水で構成されています引用1)
  2. 衛生性
    浸出試験を行い、JWWA Z 108「水道用資機材-浸出試験方法」の規格値内に入っていることを確認しています引用1)
Page Top

 

Q8.

GENEX(GX形)等の接合工具の価格を教えて下さい。

A8.

接合工具等の価格については、株式会社クボタパイプテックのホームページをご覧下さい。

Page Top

 

Q9.

NS形やGENEX(GX形)を接合する際に滑剤1缶で塗布できる継手数を教えて下さい。 

A9.

滑材1缶(内容量2kg)で塗布できる継手の数については次の通りです。

  • プッシュオンタイプの継手では、ゴム輪内表面及び挿し口面のテーパ部から白線までの範囲を塗布する必要があります。そのため、NS形・GENEX(GX形)については、塗布範囲がT形引用1)より広いためT形の2倍程度の塗布量が必要となると考えられます(目安)。
Page Top

 

Q10.

浸透性シールコートの採用開始時期を教えて下さい。

A10.

浸透性シ-ルコ-トの採用開始時期は、以下の通りです。

  • 浸透性シールコ-トの採用開始時期は、平成元年から平成2年です引用1)
  • 平成元年以前のシールコートの剥離等があった場合には、呼び径75~350であればTS洗管工法で管内面の清掃が可能です引用2)
Page Top

 

Q11.

ダクタイル鉄管の実耐用年数を教えて下さい。

A11.

ダクタイル鉄管の実耐用年数を説明した資料は以下の通りです。

  1. 各事業体の耐用年数の事例
    事業体が設定された耐用年数の事例が財団法人水道技術研究センター、e-pipeプロジェクト報告書に記載されています。
    ここでは、ダクタイル鉄管の調査結果等を基にポリエチレンスリーブ被覆の管路を80年や100年等に定めている事例が掲載されています。
  2. 高機能ダクタイル鉄管は60年
    水道施設更新指針(平成17年)には、高機能ダクタイル鉄管が60年の耐用年数があることが記載されています。
Page Top

 

ページトップへ戻る