次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

クボタパイプシステム事業部
ダクタイル鉄管

Menu

 

規格FAQ 規格

Q1.ダクタイル鉄管の継手に使用されるステンレス鋼製ボルト・ナットの種類と材質が記載されている規格を教えて下さい。

Q2.フランジ曲管のボルト穴(ボルト孔)の配置について教えて下さい。

Q3.セメントモルタルライニング(CL)のひび割れ幅の許容値を教えて下さい。

 

Q1.

ダクタイル鉄管の継手に使用されるステンレス鋼製ボルト・ナットの種類と材質が記載されている規格を教えて下さい。

A1.

ダクタイル鉄管の継手に使用されるステンレス鋼製ボルト・ナットについての規格の主な内容は次の通りです。

  • 原則はJIS、JWWA、JSWAS、JDPA規格に記載されております。
  • 上記に記載されていないもの(K形等のT頭B/N等)については別途JDPA規格(JDPA G 1040「ダクタイル鋳鉄管用ステンレス鋼製ボルト・ナット)に記載しています。
  • JWWA規格には記載が無くJDPA規格に記載がある場合やその反対もありますので注意が必要です。
Page Top

 

Q2.

フランジ曲管のボルト穴(ボルト孔)の配置について教えて下さい。

A2.

フランジ曲管のボルト穴の配置については次の通りです。

  • 呼び径150、300及び350の7.5kフランジについては、ボルト穴の数が4の倍数になっていないため、異形管を水平に使用する場合と垂直に使用する場合でボルト穴位置が異なります。引用1)
  • これらのフランジ曲管を用いて配管を行う場合、ボルト穴の振り分けに注意し、必要に応じてフランジ曲管のボルト穴の振り分けを変更する必要があります。

Page Top

 

Q3.

セメントモルタルライニング(CL)のひび割れ幅の許容値を教えて下さい。

A3.

CLの許容されるひび割れの幅は、JWWA A 113「水道用ダクタイル鋳鉄管モルタルライニング」に0.25mm以下でなければならないと規定されています。

Page Top

 

ページトップへ戻る