取引先との関わり

調達

調達方針

クボタは、次の資材調達の基本的な考え方に基づき活動しています。

資材調達の基本的な考え方

  1. 公平な機会の提供
    すべてのお取引先に、競争の機会を公正・公平に提供します。
  2. 経済合理性
    お取引先の選定は、資材の品質・信頼性・納期・価格・技術開発力・提案力並びにお取引先の経営安定性等を十分に評価し、適正な基準に基づいて行います。
  3. 相互信頼
    お取引先との信頼関係を築くと共に、相互の発展を目指しております。
  4. 社会的信頼
    購買取引において、関連法規を遵守します。又、購買取引を通じて知り得たお取引先の機密は保持に努めます。
  5. CSR調達
    法令順守、労働安全、人権尊重(含む紛争鉱物対応)、環境保全、社会との共生、適時・適切な情報開示などに配慮したCSR調達を推進します。
  6. グリーン調達
    地球環境・地域環境に配慮した製品を社会に提供するため、環境に配慮した活動を行うお取引先から、環境負荷がより少ない物品を調達するように努めます。

ガイドラインを策定してCSR調達を推進

製品・サービスが生み出されるサプライチェーン全体に対する、お客様の関心が年々高まっています。

そこでクボタでは、重要な役割を担っているお取引先と、CSRに関して共通の認識をもち、協調して取り組んでいくことが必要と考え、「クボタグループCSR調達ガイドライン」を策定しています。取引先から、このガイドラインの条項を遵守する同意書をご提出いただくことで、労働安全や人権尊重などの取り組みを促しています。

「クボタグループCSR調達ガイドライン」の項目

  1. お客様の満足
  2. 法令遵守と倫理に基づいた企業活動
  3. 人権の尊重
  4. 安全で活気に満ちた職場の形成
  5. 地球環境・地域環境の保全
  6. 国際社会・地域社会との共生
  7. 経営の透明性の向上と説明責任の履行

紛争鉱物不使用の徹底

クボタはCSR調達の一環として、紛争鉱物の問題に取り組んでいます。紛争鉱物とは、コンゴ民主共和国およびその周辺国において産出されるタンタル、スズ、タングステン、金の4種類を言います。その鉱物が非人道的行為を繰り返す反政府武装勢力の資金源となっていることが、世界的な社会問題の一つです。

クボタは、この紛争鉱物の使用について調査を行い、万一、使用が判明した場合も、速やかな不使用化に向けて取り組んでいきます。そのため、今後も取引先の皆さまには、サプライチェーンの一員として、クボタの考え方を理解いただくとともに、グループ各社が実施する調査・監査への協力を要請していきます。

2016年度は「クボタグループCSR調達ガイドライン」を一部改訂し、「紛争鉱物」についても明記しました。

コンゴ民主共和国およびその周辺国

図:コンゴ民主共和国およびその周辺国

最適地調達と調達先の品質・生産性向上を推進

事業の急速なグローバル化にともない、海外生産拠点での調達も急速に増加しつつあります。

クボタグループでは、世界規模での調達網の構築による最適地調達を推進しています。また、グローバルな主要調達先と一体となって体系的な改善活動を推進し、品質・生産性向上による競争力強化を図っています。

2016年度も「第3回サプライヤー技能コンクール」を開催し、調達先の技能レベルの向上を図りました。また、世界の各地域から選抜された調達先がワールドチャンピオンをめざし、自社の改善事例を発表する「第3回改善ワールドカップ」を開催し、改善活動の活性化を図っています。

今後も、サプライチェーン全体で世界のお客様に信頼・評価されるクボタブランドの構築を推進していきます。

写真:クボタサプライヤー技能コンクールクボタサプライヤー技能コンクール

写真:クボタサプライヤー改善ワールドカップクボタサプライヤー改善ワールドカップ

ページの先頭へ

トップ(目次)
アンケート