お客様との関わり

「お客様第一主義」で、お客様の望みを超える製品・技術・サービスを、お客様の予想を超えるスピードで提供することをめざしています。「お客様に最大限喜んでいただくにはどうすればよいか」を、「現場主義」で、現場で現物を見て現実を確認しながら考え、できることはすぐに実行する、ということを積み重ねています。

今後も、開発、生産、販売、サービスなど、事業活動のすべての局面での取り組みを推進し、売上・利益の向上だけでなく、もっとも多くのお客様から信頼され、もっとも多くの社会貢献をなしうるブランド、「グローバル・メジャー・ブランド」の確立をめざします。

顧客サービス

コア製品とICT(情報通信技術)の融合による価値創造

アジア農機販社向け「第1回部品販売会議」の開催

アジアなどの新興国市場では、製品の性能に悪影響を及ぼす安価で粗悪なイミテーション部品が蔓延していますが、イミテーション部品を使用し続ける事は、クボタ製品に対する信頼性を損なう事にもなりかねません。

クボタでは、確かな品質の純正部品を市場に浸透させる活動を通して、製品寿命の長期化と、クボタブランドに対する信頼性向上をめざしています。これらを実現する事で、新興国における農業の効率化を図り、より豊かで安定的な食料の生産に貢献したいと考えています。

2016年7月、アジア市場における純正部品の浸透、拡販をめざして、東南アジアと中国の農機販社の部品販売責任者を対象にした、第1回部品販売会議を大阪で開催しました。会議を通じて、現地部品販売責任者のモチベーション向上、クボタグループ従業員としての一体感醸成に成功しました。各国が抱えている課題とその対策について協議し、販促活動の好事例についてともに学習した事を活かして、純正部品の拡販と顧客満足度向上の実現を図っていきます。

プレゼンテーションを通じて各社の事例紹介プレゼンテーションを通じて各社の部品販促活動事例紹介
※写真はフィリピンKPI社による発表の模様

出席販社※出席販社:
サイアムクボタコーポレーションCo.,Ltd.[SKC]
P.T.クボタマシナリーインドネシア[KMI]
サイムクボタSDN.BHD.[SKSB]
久保田農業機械(蘇州)有限公司[KAMS]
クボタベトナムCo.,Ltd.[KVC],P.T.クボタインドネシア[PTKI]
クボタフィリピン,Inc.[KPI],クボタ農業機械インド㈱[KAI]

サービス技術や提案力を競うコンテストを開催

2016年12月に「サービス技術コンテスト」を開催しました。6日には、アジアと欧米豪のクボタグループを対象に、各国の大会で勝ち抜いた代表17名が出場し、サービス技術力を競いました。また、8日には、日本各地の予選を突破した代表25名が出場し、各選手とも真剣な姿勢で熱気あふれる大会となりました。今後も、サービス技術を向上させ、よりお客様に信頼される人材の育成をめざします。

また、日本では2016年度、第3回目となる「担い手提案コンテスト」を開催しました。ディーラー13社の代表者が参加して、担い手農家のニーズを把握し、規模拡大や経営改善につながる提案を行った事例を発表しました。今後もこれらのコンテストを通じて、サービス技術や提案力をより一層向上させ、お客様に信頼と安心を提供していきます。

写真:サービス技術コンテストサービス技術コンテスト

写真:担い手提案コンテスト担い手提案コンテスト

お客様満足度調査

クボタは、国内の農業機械に関係するディーラーのお客様対応や製品に関する満足度を調査するためにアンケートを実施しています。皆さまからいただいたご意見、アンケート集計結果についてはディーラー、クボタの関連部門で共有し、販売・サービス活動、製品の改善に活用しています。

2015年7月から2016年6月までの「購入店総合満足度」は、前年(2014年7月から2015年6月調査)の59.9ポイントから61.7ポイントに向上しました。

ページの先頭へ

トップ(目次)
アンケート