地域社会との関わり

クボタグループは、事業を展開する世界各国・各地域の文化・習慣を尊重し、現地コミュニティとの信頼関係構築に努めています。また、企業市民としての責任を果たすための活動に取り組んでいます。

クボタeプロジェクト

「食料・水・環境」分野における社会貢献活動

クボタは、「食料・水・環境」分野における社会貢献活動への取り組みとして、2008年度に「クボタeプロジェクト」をスタートさせました。

「美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしを支えていく」ことを皆さまとの約束として、ステークホルダーの理解と協力を得ながら、持続可能な社会づくりのための社会貢献活動に取り組んでいます。

図:クボタeプロジェクト

耕作放棄地再生支援

写真:耕作放棄地再生支援

全国に広がる耕作放棄地を再生しようとする取り組みを、農業機械での作業応援を通じて支援しています。

クボタ元氣農業体験教室

写真:クボタ元氣農業体験教室

田植えや稲刈り、収穫物の試食など稲作体験を通じて、農業への理解促進や情操教育推進のお手伝いをしています。

地域ブランド・産直品PR

写真:地域ブランド・産直品PR

日本各地のご当地自慢の農産物や加工食品を、少しでも知ってもらう機会を増やそうと取り組んでいます。

海外の水環境改善

写真:海外の水環境改善

安全な水にアクセスできない人を少しでも減らす活動にも取り組んでいます。アジア地域で長年にわたり活動しているNGOを通じて現地への支援を行う「インド井戸建設支援」を進めています。2016年までに6基の井戸が完成しました。

クボタeデー

写真:クボタeデー

地域の環境美化・清掃活動として、従業員参加型のボランティアを実施しています。全社で取り組み始めた2008年以降、毎年のべ約8000名が参加しています。

打ち水大作戦

写真:打ち水大作戦

打ち水活動に地域と共に参加することで、地球温暖化対策に取り組んでいます。

クボタ地球小屋(てらこや)

写真:クボタ地球小屋(てらこや)

子どもたちが自然の恵みの豊かさや地球環境の大切さについて学び、考えるサマーキャンプに協賛しています。2007年から始まり、のべ205名の子どもが参加しています。

クボタサンベジファーム

写真:クボタサンベジファーム

障がい者が生き生きと働ける環境づくりのため、野菜の水耕栽培事業に取り組んでいます。現在、12名の障がい者を雇用しています。

教育支援プログラム(出前授業)

写真:教育支援プログラム(出前授業)

次代を担う若い世代に農業機械や水の浄化の仕組みなど、「食料・水・環境」に関わることを学ぶ機会を提供しています。

毎日地球未来賞

写真:毎日地球未来賞

「食料・水・環境」分野において国内外で草の根レベルで社会の問題解決に取り組む個人や団体を讃え、顕彰する活動に協賛しています。1989年に始まった、前身の「毎日国際交流賞」から協賛し、2011年に「毎日地球未来賞」へ名称変更してからの応募総数は、344件にのぼります。

クボタ・アクティブ・ラボ

写真:クボタ・アクティブ・ラボ

「食料・水・環境」分野のテーマについて、参加者である高校生一人ひとりが自ら考えながら学んでいく機会を提供しています。1985年から協賛を続けており、毎年50~60名が参加しています。

ページの先頭へ

トップ(目次)
アンケート