事業概況

水・環境部門

当年度の業績

水・環境部門の売上高は、前年同期比7.5%減少して2,945億円となり、売上高全体の18.5%を占めました。

国内売上高は前年同期比3.2%減の2,409億円、海外売上高は前年同期比22.8%減の537億円となりました。

当部門のセグメント利益は、前年同期比13.3%減少して222億円となりました。

※ 2015年12月期は、決算期変更により2015年4月1日から2015年12月31日までの9ヵ月間となっています。
このため、当年度の業績は前年同一期間である2015年1月1日から2015年12月31日までの業績と比較しています。

売上高・海外売上高比率

グラフ:売上高・海外売上高比率

セグメント利益・利益率

グラフ:セグメント利益・利益率

バングラデシュの上水道整備により市民の生活環境向上に寄与(2期工事を受注)

写真:現地技術者への施工方法指導風景現地技術者への施工方法指導風景

バングラデシュ第2の都市・チッタゴンでは、上水道の普及率を引き上げるための上水道整備計画が進められています。株式会社クボタ工建は、水道管(導水・送水管用ダクタイル鉄管)敷設工事について、 過去の1期工事(丸紅とのJV※/総延長68km)での実績と経験が評価され、連続して2期工事(韓国のコロン・グローバル社とのJV/総延長35km)を受注しました。2019年の完成をめざします。

クボタは、一世紀以上にわたって培ってきた上水道整備技術のノウハウを最大限活用して、チッタゴン市の市民への安心・安全な水の供給と、生活環境の向上に貢献します。

※ JV:Joint Venture (共同企業体)の略。複数の企業などが共同で事業を行う組織のこと

ページの先頭へ

トップ(目次)
アンケート