次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Now Loading...

食料・水・環境の研究開発を通じて これまでにない感動と価値を世界中へ届ける

お客様に感動を与える製品を作りたい。その想いが新たな技術を生み出し、新しい市場を創り出す。食料・水・環境の分野において常に新しい価値を創造し続けること。そして、それを世界中に届けること。それがクボタにしかできない研究開発のミッションです。

お客様に感動を与える製品を作りたい。
その想いが新たな技術を生み出し、新しい市場を創り出す。

食料・水・環境の分野において常に新しい価値を創造し続けること。そして、それを世界中に届けること。

それがクボタにしかできない研究開発のミッションです。

scrollDown

お客様の望みを超えたその先にある感動を生み出すために、私たちが最も大切にしているのは、製品を使う人の思いに寄り添うこと。

現場の空気を肌で感じ、そこで働く人の意見に耳を傾け、納得がいくまで研究者自らが現場に通い詰める。

何か問題が起きれば、真っ先に現場に立ち返って解決策を追求する。

現場の生きた意見に耳を傾け、現場と同じ目線で考え抜くからこそ、現場のお客様に感動を与える製品が生まれるのです。

創業以来脈々と受け継がれる、この現場主義は
およそ130年経った今もなお、クボタの研究開発の根幹をなしています。

私たちは食料・水・環境という世の中に不可欠な分野に対して、
グローバルな視点で研究開発に取り組んでいますが、
どんなに大きな課題であろうと、それに最も近い場所にいるのは現場のお客様。

だからこそ、私たちは現場主義を大事にしているのです。

目の前の現場の課題を解決することこそが、世界的規模の社会的課題の解決につながる。クボタの研究開発は現在、そして未来の世の中を技術で支えていきます。

一部の映像は・平成26年農林水産業におけるロボット技術導入実証事業
及び・農研機構生研センター「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」

お客様の望みを超えたその先にある感動を生み出すために、私たちが最も大切にしているのは、製品を使う人の思いに寄り添うこと。現場の空気を肌で感じ、そこで働く人の意見に耳を傾け、納得がいくまで研究者自らが現場に通い詰める。何か問題が起きれば、真っ先に現場に立ち返って解決策を追求する。現場の生きた意見に耳を傾け、現場と同じ目線で考え抜くからこそ、現場のお客様に感動を与える製品が生まれるのです。

創業以来脈々と受け継がれる、この現場主義はおよそ130年経った今もなお、クボタの研究開発の根幹をなしています。私たちは食料・水・環境という世の中に不可欠な分野に対して、グローバルな視点で研究開発に取り組んでいますが、どんなに大きな課題であろうと、それに最も近い場所にいるのは現場のお客様。だからこそ、私たちは現場主義を大事にしているのです。

クボタの研究開発

クボタは世界の食料・水・環境のさまざまな課題に対して日々研究を重ねています。地球と人類の豊かさの実現のために、クボタが行う取り組みを紹介いたします。

各地域で異なるニーズをしっかりと捉えるために、世界に拡がるクボタの研究開発拠点。主要な各拠点の研究領域と設備についてご紹介します。

ページトップへ戻る