次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

水環境事業

  • EPCからメンテナンスまで、ワンストップ・サービスを提供

    クボタは、水処理システム関連の製品に加え、EPC(設計、調達、施工)を提供する水処理のスペシャリストです。設計においては、豊富な経験から実際の運営やメンテナンスを見据えた設計を行うことができます。また、グループの幅広い品揃えによりワンストップで、施工計画に必要な部品や原料が調達できるのもクボタの強み。これにより、複数の組織が関わる時に生じやすい品質保証やコミュニケーションのトラブルを低減することができます。こうした実運用を考慮した設計や調達プロセスを理解したクボタだからこそ、お客様のご要望にお応えすることができます。さらに、クボタはメンテナンスサービスを提供し、施設の長寿命化をサポートします。EPCとメンテナンスは密接に繋がっており、それゆえに水と環境に関する深い知識を持つ私たちのノウハウが多くのお客様から評価されています。

    Pick Up
    ミャンマー・ティラワ経済特区におけるクボタの取り組み

    ミャンマーのティラワ経済特区にて、クボタは取水・給水設備、浄水場、下水処理設備の建設工事を担っています。クボタはこの特区における課題をとらえ、これまでのノウハウに基づき、より効率的に施設を建設することを提案。コストはもちろんのこと、安全な水の供給や再利用、環境配慮や災害管理まで考慮した内容が受け入れられ、最終的に水処理システム全体を受注することができました。

  • 上水から下水まで、水のすべてを支えます

    クボタの水環境事業は、浄水から工業廃水・下水処理、排水システムまで、水のすべてに関わる幅広い製品や技術を提供してきた実績があります。水道管やポンプ、浄水・下水処理など信頼性の高い技術や製品を提供し、上流から下流まで対応しています。創業者・久保田権四郎が、安全な水を人々に届けようと水道管の製造を始めてから実に120年以上。創業者の思いを胸に、クボタは水と環境の改善に挑戦し続け、人々の生活の向上に貢献していきます。

    Pick Up
    バングラデシュに安全な水を供給

    バングラデシュ第2の都市・チッタゴン市。この街で上水道の普及率を引き上げるために今進められているのが「バングラデシュ・カルナフリ上水道設備計画」。第1期、第2期ともに敷設されるのはクボタが製造・供給する「ダクタイル鋳鉄管」です。
    コレラなどの伝染病から人々を救いたいと、日本で初めて水道用鋳鉄管の製造に成功したクボタ。創業時の思いは、日本だけでなく、海外の水インフラへの貢献として今も引き継がれています。

Lineup

Topics

関連情報

現場主義の研究開発はクボタの真骨頂です。農業、水、生活環境のエキスパートとして、食料、水、環境の問題に挑み、未来を切り開きます。

世界中で確かな評価と信頼を得ているクボタの技術と製品。世界中のありとあらゆる場所で、クボタはあなたの生活を支えています。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。