次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

クバンランド社のインプルメント『Kverneland 2500 i-Plough』がアグリテクニカ国際農業技術展で『Machine of The Year 2016』を受賞しました

2015年11月19日

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区 代表取締役社長:木股 昌俊)のグループ会社であるクバンランド社のインプルメント『Kverneland 2500 i-Plough』が、このたびドイツで開催されたアグリテクニカ国際農業技術展において『Machine of The Year 2016』を受賞いたしました。

1.受賞内容

欧州11ヵ国、農業専門メディア16社の投票により決定される「Machine of The Year 2016」を、クバンランド社のインプルメント『Kverneland 2500 i-Plough』が「Tillage(耕作)」の部で受賞いたしました。

2.受賞製品

今回受賞した『Kverneland 2500 i-Plough』は、業界初のISOBUSを搭載したリバーシブルプラウです。トラクタを運転しながらキャビン内のタッチパネルを操作することにより、土壌の状況に応じた最適条件(深さ、幅)で耕起を行うようにプラウを制御することができます。

  • プラウ:トラクタに装着して、種まきや苗の植え付けに備えて最初に土壌を耕起するためのインプルメント
  • ISOBUS:トラクタとインプルメントの連動制御に利用されるデータ通信に関する国際標準規格

【ご参考】アグリテクニカ国際農業技術展について

2年に1度ドイツのハノーバーにて開催される世界最大の国際農業機械見本市

開催期間 2015年11月10日~14日
出展企業 2,907社
来場者数 世界124カ国の約45万人
クボタグループの出展 畑作用トラクタM7001シリーズ、クバンランド社製インプルメントなどを出展

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。