次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

投資単位の引き下げに関する考え方およびその方針等

2015年05月12日

当社は、当社株式の流動性向上や株主層拡大を図ることは、重要な経営課題の一つと考えており、投資単位の引き下げは、そのための有用な施策の一つと認識しております。
投資単位の引き下げについては、株価、流動性、業績動向、コストなどを総合的に勘案し、適切な時期に実施していく必要があると考えております。

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。