次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

シンガポールで開催される『The 28th SouthEast Asian Games(東南アジア競技大会)』に協賛

2015年04月08日

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区 代表取締役社長:木股昌俊)は2015年6月5日~16日にシンガポールで開催される「The 28th SouthEast Asian Games(第28回東南アジア競技大会、略称:SEA Games)」にオフィシャルスポンサーとして協賛いたします。

1.協賛の目的

  • クボタグループは、世界共通のブランドステートメント「For Earth, For Life」を掲げ、人類の生存に欠かすことのできない食料・水・環境分野における課題解決に向けて事業を展開しています。
  • 大会が開かれる東南アジアはクボタグループの重要エリアであり、長年に亘り農業の機械化や水・環境の改善に取り組んでいます。現在、今大会開催国のシンガポールをはじめ、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピンなどに事業拠点を有しています。
  • 「SEA Games」は東南アジアの友好、理解、平和とオリンピック・ムーブメントの振興を目的に、1959年から2年毎に開催、6億人を超える各国民の注目が集まる域内最大のスポーツの祭典です。
  • クボタグループは大会への協賛を通じて、スポーツによる地域社会の交流と発展を支援するとともに、東南アジアにおけるクボタブランドの更なる認知向上を図ります。

2.協賛の内容

  • オフィシャルスポンサーとして協賛することにより、ブランドロゴが競技会場内外の看板、パンフレット、ポスター、TVCMなどに掲出されるほか、主催者のパブリシティ・告知広告・公式Webサイトなどで開催国以外にも広く配信されます。
  • 開閉会式や競技の模様は、参加11ヶ国でのTV中継や公式YouTubeで放映されます。ブランドロゴの露出で、各国の多くの視聴者に対する認知向上が期待できます。
【協賛ロゴ使用例】

3.「SEA Gamesシンガポール大会」の概要

(1) 期 間 2015年6月5日~16日・シンガポール国内(※前回2013年はミャンマーで開催)
(2) 参加国 東南アジアの11か国(シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ブルネイ、東ティモール)
(3) 競技種目 約30種目(陸上、水泳、サッカー、ラグビーなどをはじめ、セパタクローやペタングなど東南アジアの伝統競技も採用)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。