次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

決算期(事業年度の末日)の変更に関するお知らせ

2015年1月27日

当社は、平成27年1月27日開催の取締役会において、平成27年6月下旬に開催予定の第125回定時株主総会で「定款一部変更の件」が承認されることを条件として、決算期の変更を行うことを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 変更の理由

当社グループが今後もグローバル企業として着実な成長を続けていくうえで、海外子会社の決算期に当社の決算期を合わせることにより、内外一体となった決算・管理体制の強化・効率化を図るため。

2. 変更の内容

現  在 : 毎年 3月31日
変更後 : 毎年12月31日

現在、決算期が12月31日以外の国内子会社につきましても、同様の変更を行う予定です。
なお、決算期変更の経過期間となる第126期は、単独決算・連結決算ともに平成27年4月1日から平成27年12月31日までの9ヶ月決算となる予定です。

3. 今後の見通し

第126期の業績見通しにつきましては、平成27年5月に開示予定の平成27年3月期決算短信で公表する予定です。

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。