次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

小型建設機械(3トンクラス後方小旋回ミニバックホー)をフルモデルチェンジ

2015年1月16日

当社は、3トンクラスの後方小旋回※1ミニバックホーを8年ぶりにフルモデルチェンジし、「TOUGH(タフ)U-30-6」を発売します。
国交省第3次排ガス規制に対応したエンジンを搭載、ISO安全規格に適合したキャノピ(天蓋)とシートベルトを標準装備し安全性を高めたほか、掘削力や吊り上げ力などの基本性能も向上しました。
また、本機は、日本市場だけでなく、世界市場への展開も視野に入れた「グローバル戦略機」として開発しました。

  • ※1旋回時に本体後部が走行部の幅内に収まるボディ形状・寸法を持つモデル。狭い場所での作業に適している。

【商品名】

クボタミニバックホー「TOUGH(タフ) U-30-6」

【発売日】

平成27年4月1日

【希望小売価格(税込)】

5,146,200円 (U-30-6、ゴムクローラ標準仕様)

【販売目標】

初年度2000台

【主な特長】

[1] 環境に配慮したクボタ製エンジンを搭載

  • 国交省第3次排出ガス対策型建設機械基準に適合するエンジンを搭載。高出力、高トルクで高い作業性を発揮するとともに、環境にやさしく低振動、低騒音を実現しています。
  • 操作レバーを中立の位置に戻すと4秒後にエンジンはアイドリング状態となり、再び操作レバーを動かすと元のエンジン回転数に上昇する「オートアイドル」を標準装備しました。燃料が約10%節約でき、騒音の低減にもつながるので市街地や夜間でも安心して作業が行えます。

[2] 安全性を追求

  • シートベルトとISO安全規格のTOPS※2・OPG※3に適合した2本支柱のキャノピを標準装備し、運転者の安全性を高めています。
  • ※2:機械が横転した時にシートベルトをした運転者を保護する構造。
  • ※3:落下物から運転者を保護する構造。ISOトップガードレベル1の試験条件に適合

[3] 使いやすさを追求

  • バケット最大掘削力を13%アップ(当社従来機比)、ブーム吊り上げ力を22%アップ(当社従来機比)したことにより、作業効率が向上しました。
  • 機体の前面に配置し、作業中も画面が確認しやすい「前置きデジタルメータ」を採用。大きな画面で分かりやすくシンプルな表示により、見やすさが大幅に向上しました。
製品に関するお問い合わせ先
建設機械営業部(TEL:072-840-1184)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。