次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

ニュースリリース

2013年07月31日

大規模農家向け乗用田植機「ラクエルα(アルファ)シリーズ」を新発売

当社はこのたび、乗用田植機「ウエルスター ラクエルシリーズ」をモデルチェンジし、高出力ガソリンエンジン搭載により走行性と作業能率を向上した大規模農家向け田植機「ラクエルα(アルファ)シリーズ」を発売します。

<ラクエルα ZP67> 

商品名

クボタ乗用田植機「ラクエルα(アルファ)シリーズ」(5・6・8条植)

発売日

平成26年1月1日

販売目標

初年度 4,500台

型式と価格

型式名 条数 希望小売価格(税込)
ZP50 5条植 1,853,250円~
ZP55 2,079,000円~
ZP65 6条植 2,289,000円~
ZP67 2,478,000円~
ZP87 8条植 3,108,000円~

開発の狙い

  • 国内農業は高齢化に伴う離農・委託により、小規模農家等が漸減し、その受け皿となる担い手農家の増加が予測されます。就農者の構成が担い手農家主体に変化することで、より一層効率化、省力化、低コスト化が求められます。
  • そのようなニーズに応えるため、現行機の「楽に、簡単に、きれいに田植え作業ができる」機能を継承しつつ、新たに高出力ガソリンエンジンを搭載し、走行性と作業能率を向上した「ラクエルα(アルファ)シリーズ」としてデザインを一新し、発売します。

主な特長

1.素早く、安定した走行性と高能率作業を両立させる高出力ガソリンエンジンを搭載

新たに高出力ガソリンエンジンを搭載し、素早く、安定した走行と高能率作業を両立します。上位機種(ZP67・ZP87)はガソリン仕様の田植機では業界最速の1秒あたり1.8m(※1)で植え付けが可能です。
※1・・・平成25年7月現在、当社調べ

2.1台5役の高能率作業 (一部オプション)

「植付」と同時に「施肥」、「枕地ならし(※2)」、「殺虫・殺菌剤散布」、「除草剤散布」の作業を自動で行えます。

  1. 「簡単ドライ施肥機」で肥料の均一散布ができ、過剰散布を低減します。
  2. 「ゆう優ロータ」が旋回時の枕地の荒れをきれいに整地するので、補助者の負担を軽減します。
  3. 「箱まきちゃん」が苗の根本に殺虫・殺菌剤を自動散布するので、作業時間が短縮できるほか、人体への影響も少なく安全です。(オプション)
  4. 「こまきちゃん」が植付けと同時に除草剤を均一に自動散布するので、過剰散布の低減と作業時間の短縮による低コスト、省力化が図れます。(オプション)

※2・・・ターン時に車輪が土を掘ることによってできる凹凸を平らにならすこと。補助者が人力で行います。

3.アイドリングストップ機能「e‐ストップ」を装備

「e‐ストップ」の位置にレバーを倒すだけで、簡単にエンジンを止めることができます。田植え作業全体の約3割を占める苗・肥料の補給時間にエンジンを止めることで、環境にやさしいだけでなく、燃料を節約できます。

4.きれいな植付けと低コストを実現する「30㎝疎植(※3)株間」を標準装備

30㎝疎植株間を標準装備。疎植により苗箱数が少なくて済むので資材費用を節約できるだけでなく、育苗・苗運搬作業の省力化も図れます。
※3・・・植付け株数や一株あたりの植付け本数を出来るだけ少なくし、一株あたり、一本あたりの空間を広くして植え付けることで、 稲本来の生育力を引き出して太い茎を育て、一穂のもみ数を多くしながら、倒伏に強い稲を育てることを目指す栽培法。

5.旋回操作を楽にする『スーパーゆう優ターン』を装備

ほ場の端での旋回のたびに必要だった植付部の昇降、植付開始位置合わせなどの6つの操作がハンドルを切るだけで自動で行われるため、オペレーターは煩わしい操作が無くなり、大規模ほ場での長時間作業の負担を軽減します。

 

製品に関するお問い合わせ先

農機事業推進部(TEL:06-6648-2136)

以上

ニュースリリースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。