次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

お知らせ

KL-Zトラクタのリコールについて

リコール届出番号 3496
リコール開始日 平成27年1月14日

日頃は弊社製品をご愛用いただきありがとうございます。
この度、KL-Zトラクタのご愛用車の一部につきまして、平成27年1月13日に下記内容のリコールを国土交通省に届け出いたしました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご購入先からご案内させていただきますので点検・修理(無償)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

平成27年1月13日
株式会社クボタ

リコール概要

1. 不具合の状況

  1. 農耕トラクタの前後進制御用電磁バルブにおいて、アウターケースの形状が不適切なため、トランスミッション内の微小異物がバルブ内部に入り、当該バルブが作動しなくなることがある。
    そのため、走行が停止したり、前後進の切替を行った時に、切り替えた向きと逆向きに動くおそれがある。
  2. 農耕トラクタのエンジン制御用ワイヤハーネスにおいて、配線の取り回しが不適切なため、ボンネット開閉リンクと接触しているものがある。
    そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ハーネスが損傷し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

2. 改善措置の内容

  1. 全車両、電磁バルブを対策品に交換する。
  2. 全車両、ハーネスを点検し損傷の度合いに応じて修理又は新品に交換する。また、ハーネスを固定するコードクランプ、及びボンネット開閉リンクに保護ゴムを追加する。

3. 対象車両

車 名 型 式 通称名 対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
対象車の台数 備 考
      合 計 11587  
クボタ EDM-KL3N 「KL31Z」 KL3N-11073~KL3N-12201
平成25年8月30日~平成26年9月8日
377  
「KL34Z」 KL3N-11068~KL3N-12208
平成25年8月28日~平成26年9月11日
761  
EDM-KL3K 「KL37Z」 KL3K-12107~KL3K-15193
平成25年2月1日~平成26年9月11日
736  
「KL40Z」 KL3K-10009~KL3K-15192
平成23年5月9日~平成26年9月11日
1539  
「KL44Z」 KL3K-10001~KL3K-15197
平成23年2月16日~平成26年9月11日
2252  
「T2200KLZ」 KL3K-10024~KL3K-15161
平成23年6月25日~平成26年9月4日
292  
EDM-KL3L 「KL48Z」 KL3L-10001~KL3L-11146
平成23年2月21日~平成26年9月11日
1092  
KDN-KL3M 「KL53Z」 KL3M-10011~KL3M-14753
平成23年4月25日~平成26年9月12日
2954  
「KL58Z」 KL3M-10001~KL3M-14756
平成23年2月4日~平成26年9月12日
1584  
ご注意
  1. 対象車の含まれる車体番号の範囲には、対象とならない車両も含まれますので、詳細についてはご購入先にお問い合わせください。
  2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

ご愛用の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたこと、心からお詫び申し上げます。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。