次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

お知らせ

平成26年7月4日

「下水道展'14大阪」に出展いたします

来る7月22日(火)~7月25日(金)、インテックス大阪にて「下水道展’14大阪」が開催されます。
今年のクボタブースは21世紀社会において求められる下水道の姿として、「安心のみらい」「効率のみらい」「持続のみらい」の3つのみらいで構成される『クボタ下水道ビジョン』をテーマとして出展いたします。クボタシーアイ株式会社・クボタ環境サービス株式会社・クボタ機工株式会社との4社合同のクボタグループで出展致します。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

開催概要

会 期 平成26年7月22日(火)~7月25日(金)

10:00~17:00
(ただし、初日は10:30~、最終日は~16:00)

会 場

インテックス大阪 1~5号館 
〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1−5−102
TEL: 06(6612)8800

主 催 公益社団法人 日本下水道協会
後 援 国土交通省・環境省・経済産業省・文部科学省・全国知事会・全国市長会・全国町村会・大阪市・日本下水道事業団・日本経済新聞社・テレビ大阪
協 賛 公益財団法人 日本下水道新技術機構等関係61団体

会場アクセス

http://www.intex-osaka.com/jp/access/

会場全体図

http://www.intex-osaka.com/jp/guest/facilities/

クボタグループブース:5号館(ブースNo.5-003)

出展内容

社会経済情勢が大きく変化するなかで、下水道のあり方について大きな転換が求められています。人口減少、財政制約、人材不足、老朽化施設の増加、気候変動による災害リスク増大、資源・エネルギーのひっ迫・・・。こうした21世紀社会において求められる下水道の姿として、クボタグループは「安心のみらい」「効率のみらい」「持続のみらい」の3つのみらいで構成される『クボタ下水道ビジョン』をご提案いたします。

安心のみらい

地震や豪雨等の非常時においても、必要不可欠なインフラとして下水道機能を発揮し、国民の健康・生命・財産を保護・保全します。クボタグループは様々な災害対応製品をご提案できる街の防災アドバイザーを目指します。

主な構成製品群

地震や豪雨等の非常時においても、必要不可欠なインフラとして下水道機能を発揮し、国民の健康・生命・財産を保護・保全します。クボタグループは様々な災害対応製品をご提案できる街の防災アドバイザーを目指します。

効率のみらい

温室効果ガス排出削減や財政のひっ迫等を背景に、処理エネルギーの削減が求められます。また、処理場をバイオマス拠点としてエネルギーを回収・生成。処理場消費電力の自給自足を目指します。

主な構成製品群

空気浮上式高速ターボブロワ「Kターボ」、反応タンク用低速攪拌機「Kウイング」、低圧損型メンブレン散気装置「Kメンブレン」、ベルト型ろ過濃縮機、省エネ高効率脱水機、MBRを用いた膜メタンバイオマス発電システム

持続のみらい

財政や人材が制約されるなかでも、老朽化が進む施設の計画的な更新や、運転維持管理の技術ノウハウ伝承が的確になされ、絶え間なく最適なサービスを提供し続けます。傾向管理や自動制御によるノウハウの伝承など、製造・建設・運転管理の全てを取り扱うクボタグループならではのご提案を行います。

主な構成製品群

遠隔監視による巡回保全員削減、傾向分析による最適修繕・更新計画、ポンプ・バルブ内視鏡調査、マンホールポンプ・ユニット型MBR・簡易管路網による未普及地域対策、MBRを用いた処理場ダウンサイジング

プレゼンテーション

実施スケジュールはこちら

「下水道展'14大阪」ホームページ(下水協)

http://www.gesuidouten.jp/

以上

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。