次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

お知らせ

株式会社クボタ
東日本大震災 支援・復興対策本部事務局

東日本大震災復興支援の主な取り組みについて
2013年度 第2四半期(2013年7月~9月)の記録

:クボタの特色を活かした支援

 

区 分 支援内容
仮設住宅支援
(耕うん機・階段・管理ハウス寄贈)

【仮設住宅での生活に楽しみを ~「双葉・富田 畑の会」農園支援】

  • 長期化が懸念される仮設住宅では、入居者の高齢化により、健康面での改善が課題となっています。
    クボタグループではこれまでも、仮設住宅入居者が利用されるコミュニティ農園づくりのお手伝いを続けてきましたが、今回新たに郡山市富田地区の仮設住宅で暮らす双葉町の皆様が利用される「双葉 富田 畑の会」の農園を整備しました。
    9月10日には双葉町長出席の中、開園式が行われ、久しぶりの畑での作業に笑顔がこぼれる時間を過ごしました。
草の生い茂っていた土地が
みるみる内に農地に様変わり
農園前で畑の会の皆さん 開園後、早速苗を植える様子
復興支援活動のアーカイブ記録

【国立国会図書館に震災復興支援活動に関するアーカイブ資料を寄贈】

  • 国立国会図書館は、企業や団体の復興支援活動もアーカイブとして資料保存・公開をするよう、準備を進めています。
    クボタグループの復興支援活動についても資料提供の依頼を受けて、これまでに作成した社内報やCSRレポート、映像記録などを納本しました。資料は、国立国会図書館の他、岩手・宮城・福島の県立図書館にも納本します。
    なお、納本したクボタグループの支援活動記録の一部は、事業・CSR報告書「KUBOTA REPORT」の2012年版・2013年版や、「GLOBAL INDEX」2012年版でご覧いただくことができます。
  • 事業・CSR報告書「KUBOTA REPORT」
  • 「GLOBAL INDEX」
国立国会図書館 納本した各種資料 復興支援事務局長より納本する様子
耕作放棄地再生支援活動を活かした復興支援

【耕作放棄地を利用して北限のゆずで特産品づくり】

  • 岩手県農業研究センターが主導される被災地復興支援の一環として、岩手県が栽培北限となる「ゆず」を耕作放棄地で栽培し、新たな名産品を創ろうという「北限のゆず」プロジェクトに、みちのくクボタ(本社・岩手県)が耕作放棄地再生支援で協力しました。
    陸前高田市の農業組合法人 陸前高田ふれいあい市場と地元の南部美人酒造が協力して、地元にある物で特色ある特産品を創るために始まったこのプロジェクトは、5年後の収穫を目指して動き始めています。
整備前の圃場。トラクタで草刈り 休耕地を再び実りある大地に変えていく 5年後の豊作を願って、関係者による記念撮影

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。