次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

エコ・ファースト推進協議会主催「エコとわざ コンクール」表彰式が開催されました

2016年12月28日

エコ・ファースト推進協議会は2016年7月1日から9月9日まで、全国の小中学生から未来の地球環境を守るためのアイデアを表現する創作ことわざ「エコとわざ」を募集しました。

2015年12月のCOP21において、「京都議定書」以降の新たな地球温暖化対策の国際枠組みである「パリ協定」が採択されました。また、2016年5月にはG7伊勢志摩サミットが開催され、G7として気候変動に関する国際社会全体の取り組みを先導すべく、「パリ協定」を年内に発効させることを目指して努力するとともに、今後、低炭素社会の開発に向けた長期戦略を策定していくことで一致しました。 そこで、今回の「エコとわざ」は「美しい地球を未来につなぐために、私たちは何をしたらよいのか」をテーマとしました。

953点の応募作品の中から加盟企業賞として「クボタ賞」を決定し、12月10日(土)にエコプロダクツ2016の会場において表彰式が開催されました。

受賞作品: じゃぐちをキュッ ぼくもママも地球も笑顔
受賞者: 江南市立布袋小学校1年 竹市 琉人さん

【表彰式の様子】

【エコとわざ 募集案内】

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。