次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

環境省による「ウォータープロジェクト」にて、クボタの「Water Style」を提案しました!

2015年6月16日

環境省では、2014年度より官民連携で推進している「ウォータープロジェクト」の施策として、日本の優れた水循環を水を「~守り育て、贈り使い、大切に還す~」という3つのキーワードで表し、水循環を官民が連携してしっかり支えていくことを「JAPAN Water Style」として企業や自治体などへ提案しています。

クボタグループは、食料・水・環境を一体のものとして捉え、その課題解決に取り組んでおり、水を「守り育て」「贈り使い」「大切に還す」すべての分野で事業を展開しています。この度、「JAPAN Water Style」に賛同し、当社ならではの新しい水との向き合い方としてクボタの「Water Stle」を提案しました。

クボタのWater Style

クボタグループは、
水道水や下水を運ぶための管路やポンプ・バルブ、
水道水や下水をきれいにするための設備や装置、
適切な施肥・農薬散布を行う農業機械
を提供することで、水循環の様々な場面で貢献しています。

クボタの提案する「Water Style」

【クボタの「Water Style」イメージ】

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。