次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

水資源の保全

 経済協力開発機構(OECD)の「Environmental Outlook to 2050(2012)」では、世界の水需要は2000年から2050年までに約55%増加し、深刻な水不足に見まわれる河川の流域の人口は、世界人口の40%以上になると報告されています。
 クボタグループは「水資源の保全」をマテリアリティの一つとして捉え、節水や排水再利用による水使用量の削減、排水処理や排水水質の適正な管理など、水資源の有効活用や水リスクへの対応に取り組んでいます。生産拠点については地域の水ストレスの状況を把握したうえで、生態系や人々の生活に悪影響を及ぼすことのないよう、対策を推進しています。

SDGsの達成に向けた活動

関連するSDGsとターゲット





主な活動内容
  • JITと自働化を柱として、水資源のムダ・ロス削減の推進
  • 節水対策、漏水点検、自社技術を活用した排水再生処理設備の導入
  • 排水の適切な管理およびリスク管理の徹底 など
2020年活動目標(KPI)
  • 環境保全中期目標2020:
     - グローバル生産拠点の水使用原単位 2014年度比10%改善

環境保全中期目標2020に対する2017年度実績

水資源節約 水使用原単位 グローバル
生産拠点
2014 -10% -16.9% 排水の再生利用、節水活動を推進しています。

事業所での水使用

1. 水使用量

 2017年度の水使用量は451万m³で、前年度比7.1%減少しました。また、水使用原単位は前年度比15.4%改善しました。これらは、水使用量削減対策に加え、国内の鋳物系生産拠点において生産量が減少したことが主な要因です。

水使用量と原単位の推移
 

※1 原単位は連結売上高当たりの水使用量です。
※2 精度向上のため、2014年度、2015年度の数値を修正しています。


地域別水使用量 事業別水使用量
種類別水使用量
 ●国内  ●海外

2. 水使用量削減対策

 クボタグループは、環境保全中期目標を策定し、事業所での水使用量の削減に取り組んでいます。中国、タイ、インドネシア、アメリカの生産拠点などでクボタグループの技術を活用した排水処理設備や排水再生システムを導入しています。
 2017年度は、従業員への節水意識向上の呼びかけや漏水点検パトロールなど日々の活動に加え、排水再生システムを導入している拠点では再生水利用率の向上などに取り組みました。中国の久保田農業機械(蘇州)有限公司では、導入したMBRによる再生水を塗 装前処理工程などで再利用することで、年間約1.6万m3の水使用量を削減しました。排水再生システムを導入している全拠点の水リサイクル量は8.9万m3で、生産工程での再利用や緑地帯への散水などに使用しました。
 グローバル生産拠点における環境保全中期目標2020に向けた水使用量削減対策の2017年度成果として、基準年度(2014年度)から対策を実施しなかった場合と比較して29.6万m3を削減しました。またそれらの対策の経済効果は2014年度比で4,800万円となり ました。2017年度の生産高当たりの水使用原単位は2014年度比で16.9%改善しました。
 今後も、節水活動やクボタグループの技術を活かした水リサイクルの推進など水の3Rを通じて、水使用量の削減を推進していきます。

  • MBR(Membrane Bio Reactor = 膜分離活性汚泥法):微生物による生物処理と膜による固液分離処理を組み合わせた廃水処理方法

 排水再利用膜処理施設により水使用量の削減、河川への排出削減に取り組んでいます。環境汚染の深刻化が懸念される途上国をはじめ、海外拠点でも導入を進めています。

排水の管理

 クボタグループでは、法律や条例の排出基準より厳しい自主管理値を設定しています。基準値超過を起こさないように、水質データのトレンド管理や排水処理施設の点検などの日常管理を徹底しています。
 また、水使用量の削減により、排水量の抑制につなげています。2017年度の排水量は468万(m3 公共用水域326万m3、下水道142万m3)で、前年度比10.8%減少しました。
 今後も引き続き、排水管理や水使用量削減の活動を通じて、地域の水環境への負荷を低減していきます。

※ 排水量には、一部の事業所の雨水および湧水を含みます。

地域の水ストレス調査

 クボタグループでは、水資源の利用に関するリスクを把握し、より効果的な水リスクへの対応につなげていくため、全生産拠点を対象に水ストレス※1に関する調査を実施しています。
 WRI Aqueduct 2014※2およびWBCSD Global Water Tool(Version2015 1.3.5)※3を用いて、15ヵ国、計53拠点の水ストレスを調査した結果は以下のとおりです。


生産拠点の水ストレスに関する調査結果(2017年度)



水ストレスレベル別の水使用量
 

 調査の結果、水ストレスが「中」レベルの生産拠点における水使用量は全体の約半分(49%)を占めることがわかりました。次いで、「高~中」レベルが38%となりました。
 「高」レベルに該当する生産拠点は、大阪湾沿岸、東京湾沿岸、沖縄、サウジアラビア、アメリカ合衆国中西部に位置し、これらの拠点の水使用量は全体の約3%、拠点数は10拠点でした。
 クボタグループは、生産活動に利用している水の多くを、水ストレスが比較的高い地域で取水していることを認識し、事業活動への影響を最小限に抑えるための対策を講じるとともに、周辺住民の生活や生態系に悪影響を及ぼさないための管理を推進していきます。
 クボタグループは、よりグローバルな事業展開に向け、新たな拠点の増設を予定しています。新規拠点についても、都度その流域における水ストレス調査を行っていきます。

  • ※1「 水ストレス」とは、1人当たり年間利用可能水量が1,700tを下回り、日常生活に不便を感じる状態を指します。本調査における水ストレスは、河川の流域ごとの水ストレスを採用しており、これは水資源の利用可能量に対する取水量の割合から算出しています。(世界資源研究所(WRI)より)
  • ※2世界資源研究所(WRI)が開発・発表した水リスク情報を評価するツール   
  • ※3持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)が開発・発表した水リスク情報を評価するツール   

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。