次のリンクより、本文、本ページのローカルメニュー、このサイトの共通メニューにスキップします。

環境経営の基本方針

 ますます深刻化する地球温暖化、増え続ける廃棄物、健康をむしばむ有害物質問題など、世界的規模で環境問題の解決が大きな社会的課題になっています。
 クボタグループは、創業以来「食料」「水」「環境」に係わる製品・技術・サービスを通して、環境問題の解決に寄与してきました。これからもこれをDNAとして受け継ぎ、更に未来へ向かって展開し、社会に貢献していきます。

クボタグループ環境宣言

  • クボタグループは、地球規模で持続的な発展が可能な社会の実現をめざします。
  • クボタグループは、環境に配慮した企業活動・製品・技術を通じて、地球環境・地域環境の保全に貢献します。

クボタグループ環境基本行動指針

  1. すべての企業活動における環境保全への取り組み
    1. 私たちは、製品開発・生産・販売・物流・サービスなど、企業活動のすべての段階で環境保全を推進します。
    2. 私たちは、取引先に対しても、環境保全活動への理解と協力を求めます。
  2. 地球環境保全への取り組み
    1. 私たちは、地球温暖化の防止、循環型社会の形成、化学物質の管理を推進することにより、地球環境保全に貢献します。
    2. 私たちは、環境問題の解決に資する技術と製品を開発し、社会に提供することにより、地球環境保全に貢献します。
    3. 私たちは、自然環境や生物多様性に配慮した企業活動に努めます。
  3. 地域社会との共生を図る環境保全への取り組み
    1. 私たちは、環境リスクの低減に努め、環境汚染の未然防止など地域環境の保全に配慮した企業活動を推進します。
    2. 私たちは、地域の環境美化・環境啓発活動に積極的に参画します。
  4. 自主的、計画的な環境保全への取り組み
    1. 私たちは、環境マネジメントシステムを導入し、自主的・具体的な目標と行動計画を定めて、日常の業務を推進します。
    2. 私たちは、環境に関する啓発・教育活動を推進し、環境意識の向上に努めます。
    3. 私たちは、ステークホルダーに対して、積極的に環境情報を発信します。
    4. 私たちは、環境コミュニケーションを通じてステークホルダーの意見を幅広く収集し、環境保全活動に反映します。

環境保全統括者メッセージ

 
クボタ 取締役専務執行役員
生産技術本部長(環境保全統括者

小川 謙四郎

 クボタグループは、「For Earth, For Life」の実現を使命とし、「Made by Kubota」のモノづくりを通して地球環境保全に貢献しています。一昨年策定した「環境保全長期目標2030」「環境保全中期目標2020」に向けて、経営層主導の環境経営推進による、環境負荷・環境リスクの低減の取り組みや環境配慮製品の拡充を加速させています。
  昨年打ち出した「グローバル・メジャー・ブランド クボタ(GMBクボタ)」の実現に向け、「クボタ生産方式(KPS)」を機軸としたモノづくり体制のグローバルな確立をめざし、リードタイム短縮や在庫削減などの体質強化策を展開しています。環境側面においても、このKPSの考え方を取り入れ、エネルギーをはじめとする資源のムダ・ロスの廃除と継続的な改善を進め、活動のさらなるレベルアップを図っていきます。
 また、環境配慮製品については、エコプロダクツの売上高比率拡大に加え、営農の効率化を支援するクラウドサービス「KSAS」や、水インフラ設備やプラント管理の最適化に貢献するIoTソリューションシステム「KSIS」など、環境保全とお客様の課題解決に貢献する製品・サービスを拡充していきます。
 これからも、グループ一丸となって地球環境保全に取り組み、GMBクボタにふさわしい環境経営を推進していきます。


環境経営の基本方向

 クボタグループの環境経営の基本方向として、「地球温暖化の防止」「循環型社会の形成」「化学物質の管理」の3項目を定め、その基盤として「環境マネジメントシステム」と「環境コミュニケーション」の充実を図っていきます。

クボタのめざす環境経営の基本方向

重点施策

 「環境経営の基本方向」をめざすにあたり、環境負荷削減と経営効率向上の両立を図ることを基本的な考え方として、「生産」「製品」の2つの視点から重点施策を推進しています。

重点施策


環境保全活動と持続可能な開発目標との関わり

 持続可能な開発目標(SDGs)

 2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)に
おける17のゴールとクボタグループの環境保全活動を照らし合わせ、課題解決に貢献できる領域を特定しています。

持続可能な開発目標(SDGs)とは:
2015年9月、国連サミットで採択された社会・経済・環境面における
「持続可能な開発」をめざす国際社会共通の目標です。


事業所での環境保全活動

関連するSDGs

目標6 目標7 目標9 目標11
目標12 目標13 目標14 目標15

主な活動内容

  • 環境保全中長期目標に向けた取り組み
    (CO2の削減、省エネルギー、廃棄物の削減、水資源の節約、VOCの削減)
  • 環境マネジメントシステムの確立・環境教育
  • 環境監査・環境リスクアセスメント
  • グリーン調達

環境配慮製品・サービスの拡充

関連するSDGs

目標2 目標6 目標7 目標9 目標11
目標12 目標13 目標14 目標15

主な活動内容

  • 環境保全中長期目標に向けた取り組み
    (エコプロダクツの拡充、リサイクルの推進、排出ガス規制対応)
  • 製品のライフサイクルにおける環境配慮
  • 環境保全に資する製品・サービスの提供
    (例:水処理システム、ICTを活用した農業や社会インフラソリューションなど)

環境経営推進体制

 2014年度より「環境経営戦略会議」を設置し、経営層主導の推進体制による戦略的で、独自性のある環境経営の実現を図っています。また、「環境管理担当責任者会議」を中国、アジア、北米、欧州で展開し、グループ全体の環境経営をグローバルに推進していきます。

クボタの環境経営推進体制

環境経営戦略会議

 「環境経営戦略会議」は、代表取締役副社長執行役員を委員長とし、執行役員によって構成されています。ここでは、環境保全に関する中長期目標や重点施策など、クボタグループ環境経営の中長期的な方向性を審議し、環境負荷・環境リスクの低減や環境配慮製品の拡充など重点的に取り組むべき事項や計画を決定しています。
  またグループ全体の環境保全活動の進捗を把握・分析し、その結果を次の計画や方針の策定に反映することでPDCAサイクルに基づいたマネジメントを実行しています。今後も、経営層主導のスピーディな環境経営を推進していきます。

 
 環境経営戦略会議

環境管理担当責任者会議

 クボタグループの環境管理体制の強化、環境負荷・環境リスクの低減をグローバルに進めることを目的に、「環境管理担当責任者会議」を開催しています。
 2016年度は、日本会議および中国会議を開催しました。日本会議にはグループ会社を含む22拠点の環境管理担当マネージャやスタッフが集まりました。中国会議には中国に拠点をもつ7社の環境管理担当マネージャやスタッフに加え、日本のマザー工場の環境管理担当マネージャも参加しました。
 会議では、クボタグループの方針および環境経営戦略会議の審議結果の伝達や、省エネ対策などの事例発表、工場での改善事例見学を行いました。また、業務分野ごとに各拠点が抱える課題やグループ全体の課題について討議を行い、対策を検討しました。会議後、参加者からは他拠点の取り組みを学んだり、意見交換によって理解を深めたりする貴重な機会であったという意見が聞かれました。
 また日本では、この会議の下部組織として、新たな分科会を設立しました。廃棄物管理や環境負荷削減などの個別の業務分野について、集中的に意見交換を行い、改善策の立案につなげていきます。
 今後もこの会議を実務面で横串を通す機能と位置づけ、各拠点における環境保全活動のレベルアップや地域ごとの連携強化を図っていきます。

 中国会議  日本会議
 中国会議 久保田建機(無錫)有限公司  日本会議 クボタ 宇都宮工場

関連情報

クボタグループの製品・サービス、そして社会に対する使命・役割を様々なメディアでご紹介いたします。

ページトップへ戻る

KUBOTA REPORT 2017

お読みになる立場を選択してください。