壁がある。

だから、行く。

壁がある。だから、行く。

サウンドをオンにしてお楽しみください。

  • on
  • off

Vol.3Middle East

クボタの水事業製品は灼熱の大地、中東各国で使用されています。砂漠広がるその地で、命を支える水を運ぶという使命に挑戦するクボタの活動をご紹介します。

Documentary of Kubota

世界の壁に挑戦するクボタのショートフィルムを公開しています。

PHOTO

雨の降らない砂漠の街に、
水を安定的に届けられるか?

  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO
  • PHOTO

広がる砂漠、灼熱の大地、中東諸国。
この地域では、水はそこに住む人々の暮らしと命を支える、とても大切な資源。
日本から遠く離れたこの地域で、安定的に水を送り届ける為に、
クボタはどんな風に役に立っているのか。
お話を伺いました。

PHOTOPHOTO

水電力公社 マンスーリさん

昔、水はすべて動物を使って村から村へ
運んでいたのでとても大変な作業でした。
砂漠地帯ですから水はすべての場面で
必要不可欠なものです。
生活、建設、その他の様々なことにおいても。
ですから水を管理し貯水することが重要だと
深く感じています。

クボタ販売代理店会長 アブドラさん

50年前は皆、大変な思いをして水を得ていました。
でも今は大きく違います。
今や、水は家にあるのですから。
パイプを通って出てくるのですから。
明らかな違いですよね。
我々にとっては“川が出来た”というような感覚です。

PHOTOPHOTOPHOTOPHOTO

プロジェクトマネージャー キムさん

クボタの水道管を選んだ理由は3つです。
世界最高レベルの品質、
製品の寸法精度、サポート体制ですね。
クボタは我々のニーズを把握し、
製造管理から納品まで正確にやってくれます。
私は技術者としてクボタには常に満足しています。
このプロジェクトを無事に終えたら、
子どもたちに言いたいんです。
「これはパパたちが作ったんだよ」と。
「この水は自然に流れてきているわけじゃない
みんなの努力があったから、こうして水が流れてくるんだ
みんなで頑張ったから水不足という大きな問題で
悩むことがなくなったんだよ」
と伝えていこうと思います。

マンスーリさん

我々の教えにも
“全ての生き物は水から作られた”
という言葉があります。
それが水の真実です。
水はすべての源です。

アブドラさん

水を安定的に届けるということは、
“私たちの未来”そのものなのです。

中東各国でクボタは様々な形で水インフラを支え
そこに暮らす多くの人々の生活と命を、今日も支えています。

History

クボタ水事業の歴史

1890年頃、日本では水系伝染病が蔓延し、
近代水道の整備に不可欠な水道管の普及が求められました。
創業者 久保田権四郎は“伝染病から人々を守りたい”という願いで
水道管づくりへの挑戦をスタート。
そして1893年、国内初となる水道管の開発に成功。
以来クボタは上水道から下水道までカバーする「水関連総合メーカー」として、
世界約70ヵ国以上の水インフラを支えています。

  • PHOTO

    1905年頃の
    クボタ鉄管出荷場

  • PHOTO

    アメリカ オレゴン州で
    採用された100年以上の
    長寿命をほこる
    耐震形ダグタイル鉄管

  • PHOTO

    ミャンマー初の経済特区で
    導入された上下水処理施設

PHOTO

クボタの原点 水篇

クボタ水道管 技術の歴史について
詳しくはこちら

Interview

クボタの事業や撮影に関して長澤まさみさんにお話を伺いました。

Graphic

「壁がある。だから、行く。」シリーズの広告グラフィックをご紹介します。

中東 水篇

PHOTO

Photography by Mikiya Takimoto

砂漠の血管、命の水道管。

中東・砂漠の街々―発展を続ける中東各国の都市は、
しかし、一歩を踏み出せばそこに広大な砂漠の広がる、灼熱の街でもある。
そこにある共通した問題―「命を支える水」を安定的に確保すること―は、
発展の表裏として、人々を悩ませ続けてきた問題でもある。

『過酷な中東の環境下、広大な砂漠を越え、遥かな海から、淡水化した水を、
その水質を損なうことなく安定的に運ぶことは出来ないものなのだろうか』

クボタは、そんな「高い壁」に、真っ向挑戦しています。
アラブ首長国連邦、クウェート、カタール―砂漠に広がる中東各国の「国家的上水道プロジェクト」の、
その水を運び続けるという、根幹の役割を託されたのは、総延長数百キロに及ぶクボタのダクタイル鉄管でした。
それは、過酷な砂漠の環境にも耐えうる「卓越した品質性」、何十年にわたりその地で培った「揺るがぬ信頼性」、
長さ九メートルの鉄管を作りうる「世界唯一の技術性」―そしてついに、クボタのダクタイル鉄管は、
これら途方もない国家プロジェクトの一翼を、過酷を極める砂漠の地中で寡黙に担うこととなったのです。

最高気温五〇度を超える、果てなき灼熱の大地。
今日もクボタは、その地中深くで、その地に住む人々の「命を支える水」を運び続けている。
物言わず、人目につかない砂漠の何処かで。

壁がある。だから、行く。

PHOTO

新聞広告

photo

TVCM

2017年よりスタートしたクボタのCMとメイキングムービーをご覧頂けます。

壁があるだから行く 中東 水篇

Making

中東で行われた
撮影風景をご覧頂けます。

CLOSE

NEXT

PREVIOUS