次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

Japan

海外の水環境改善

eプロジェクト「海外の水環境改善」について
世界中には、水道どころか、安全な飲み水にもアクセスできない人たちが約9億人いると言われています。明治23年に国内で初めて水道用鉄管の製造を手がけて以来、一世紀以上にわたって水関連事業を展開してきたクボタにとって、海外の水問題の解決は社会的使命ともいえます。事業で貢献していくことはもちろんですが、事業以外でも何か役に立てることはないかと考え、eプロジェクトの新しいテーマとして「海外の水環境改善」への取り組みを開始しました。

海外の水環境改善海外の水環境改善

インド井戸建設計画
2010年より、アジア地域で長年にわたり活動している、社団法人アジア協会アジア友の会(JAFS)を通じて現地への支援を行う「インド井戸建設支援」を始めました。インドはJAFSが積極的に活動している国のひとつであり、クボタグループにとっても、農機と鉄管の拠点を置く、非常に関わりの深い国でもあります。安全な飲み水にアクセスできない約9億人のうち、約1/4の2億2千万人がインドをはじめとする南アジアの人々と言われています。

株式会社クボタ

KUBOTA REPORT 2017

茯帥腴眼御