次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

Japan

クボタ地球小屋 TERRA-KOYA

  • 7月25日(1日目)
  • 7月28日(2日目)
  • 7月29日(3日目)
  • 7月30日(4日目)

今年で10回目の「クボタ地球小屋」
昨年に引き続き「スーパー農業キッズ」育成をテーマに、農業に関心が高い全国の子どもたちを対象に実施。
首都圏を中心に21名の子どもたちが参加し、3泊4日で土づくりや農業の奥深さについて学びました。

朝早く東京駅を出発し、「農業クイズ」などで仲良くなりながら長野県を目指します。
約3時間かけて明科駅に到着したら、バスでいざカミツレの里へ!

昨年からお世話になっている長野県池田町の「カミツレの里」八寿恵荘に着くと、早速みんなを美味しいお昼ごはんがお出迎え。
アジア初のビオホテル認証(※)を受け、オーガニックと環境配慮にこだわり抜いているこのお宿、見た目が少なくても侮れない、食べると大満足のメニューです。

※ビオはオーガニックの意。
食べ物や飲み物、コスメはもちろん、タオル・ベットリネン類、施設の建材や内装材も可能な限り自然素材の使用をめざし、滞在するゲストの健康や自然環境に配慮した健やかで安らぎのあるホテル。

お腹がいっぱいになったら次は開会式。
クボタ地球小屋の校長先生やスタッフ紹介のあと、輪になって「キキソソ」という歌を唄いました。
「キキソソ」はこの地球小屋のテーマソングでもあります!

開会式が終わると、カミツレ工場を見学しました。
カモミールを使用した入浴剤や石鹸を作る作業にみんな興味津々。
工場からお宿に戻るときは雨に降られましたが、大きな傘(?)で大移動。

あいにくの雨でもみんなの元気はいっぱい!
アイスブレイクとしてのミニゲームで、すっかり仲良くなりました。

ゲームの後は、地球小屋で何が一番楽しみか、一人一人文字に書き起こしました。
農機体験が一番の楽しみのおともだちも!

カモミールのお風呂と夕食の後は、「好きな野菜」「嫌いな野菜」などを発表。
自分が嫌いなものを好きな人がいたり、感じ方が人によって違うのは面白いね、と想いを共有しました。
一日の終わりはスタッフ「なっきー」の即興演奏。
実はなっきー、第1回(2007年)地球小屋の参加者なんです!

ページの先頭へ

株式会社クボタ

KUBOTA REPORT 2017

茯帥腴眼御