次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

Japan

クボタ地球小屋 TERRA-KOYA

  • 7月27日(1日目)
  • 7月28日(2日目)
  • 7月29日(3日目)
  • 7月30日(4日目)

今回で9回目の「クボタ地球小屋」。
今年は「スーパー農業キッズ」育成をテーマにし、農業に関心が高い全国の子どもたちを対象に実施。首都圏を中心に21名の子どもたちが参加。3泊4日で土づくりや農業の奥深さについて学びました。

東京駅から約3時間。昼すぎに長野県明科駅へ到着しました。 長旅の疲れを感じさせない元気な笑顔があふれていました!

今年お世話になる長野県池田町の「カミツレの里」八寿恵荘に着くと、化学調味料や添加物を一切使用していない優しい料理がお出迎え。
今回の宿は、アジア初のビオホテル認証(※)を受け、オーガニックと環境配慮にこだわり抜いており、ヘルシーながらも美味しくお腹がいっぱいになるメニューばかりです。
残すどころか食べてはおかわりをするお友だちが続出でした。

※ビオはオーガニックの意。
食べ物や飲み物、コスメはもちろん、タオル・ベットリネン類、施設の建材や内装材も可能な限り 自然素材の使用をめざし、滞在するゲストの健康や自然環境に配慮した健やかで安らぎのあるホテル

いよいよ開会式。
クボタ地球小屋の校長先生やスタッフ紹介のあと、輪になって「キキソソ」という歌を唄いました。

早速カミツレ工場へ。
「カミツレ」の和名を持つカモミールを使用した入浴剤や石鹸を作る作業にみんな興味津々。

工場見学から戻ると、アイスブレイクとしてミニゲーム!
自己紹介しながらのゲームで、お互いの名前をしっかり覚えました。

カモミールのお風呂と夕食の後は、みんなの「農業への思い」、「今回のキャンプで楽しみなこと」など車座になって思いを発表・共有しました。
初日の思いは最終日にはどう変化しているのでしょうか。楽しみですね。

1日の最後は振り返りです。
初日の感想はどうだったかな?

ページの先頭へ

株式会社クボタ

KUBOTA REPORT 2017

茯帥腴眼御