次のリンクより、本文、このサイトの共通メニューにスキップします。

Kubota For Earth, For Life

Japan

クボタ・アクティブ・ラボ

若い世代に科学・技術分野に興味を持ってもらう機会を提供しようと、高校生を対象とした教育分野での社会貢献に取り組んでいます。
社会の第一線で活躍する研究者が最先端の科学を解説する「朝日やさしい科学の教室」として1985年から協賛を続けています(旧イベント名「クボタ・ヒューテック・セミナー」、「科学・環境アカデミー」)。2013年より新たに「クボタ・アクティブ・ラボ」と名称を変更し、「食料・水・環境」の分野における答えのない課題に、参加者一人ひとりが自ら考えながら取り組む企画として実施しています。

第50期 流れ星がつくれるの?〜不思議な科学の世界をのぞいてみよう〜

「流れ星がつくれるの?」をテーマに、講師による講義とトークセッション、参加者同士のディスカッションや意見発表が行われました。

第49期 火星で食料はつくれるか?〜未来の可能性に挑む、人類の叡智〜

東京大学が推進するアクティブ・ラーニングの手法を取り入れ、「火星」をテーマに火星での生活や食料生産の可能性について学びました。

第48期 ユビキタス・コンピューティングを東京大学で学ぼう!〜紙の電子回路で、新しい農業が芽生える〜

東京大学が推進するアクティブ・ラーニングの手法を取り入れ、「ユビキタス・コンピューティング」をテーマに将来の生活が変化していく可能性などについて学びました。

第47期 流れでつながる医学と工学!〜命を運ぶ血液の不思議にふれてみよう〜

東京大学が推進するアクティブ・ラーニングの手法を取り入れ、「血液」をテーマに最先端で活躍されている研究者の活動について学びました。

第47期 流れでつながる医学と工学!〜命を運ぶ血液の不思議にふれてみよう〜

第46期
生命になぜ水が必要なのか〜アクティブ・ラーニングで学ぼう!〜

東京大学が推進するアクティブ・ラーニングの手法を取り入れ、「水とは何か」「生命と水との関係」などをテーマに学びました。

第46期
生命になぜ水が必要なのか〜アクティブ・ラーニングで学ぼう!〜

第45期 よみがえれ三陸の海〜食を育む森と水〜

「よみがえれ三陸の海〜食を育む森と水〜」をテーマに、石巻市中央公民館にて、講演会と高校生による活動発表会を行いました。

第45期 よみがえれ三陸の海〜食を育む森と水〜

第44期 魚類の未来を変える水環境〜さかなクンと考えよう〜

「魚類の未来を変える水環境〜さかなクンと考えよう〜」をテーマに、仙台市科学館にて、魚類学者のさかなクンによる講義を行いました。

第44期 魚類の未来を変える水環境〜さかなクンと考えよう〜

第43期 宇宙を通して考える 水の惑星・地球と環境問題

「宇宙を通して考える〜水の惑星・地球と環境問題」をテーマにJAXA相模原キャンパスやJAXA筑波宇宙センターを見学、講義を行いました。

第43期 宇宙を通して考える 水の惑星・地球と環境問題

第42期 水との共生 富士に学び、世界の水問題を考えよう

「水との共生〜富士に学び、世界の水問題を考えよう」をテーマに水の大切さ、そして不思議さについて講義を行いました。

第42期 水との共生 富士に学び、世界の水問題を考えよう

第41期 地球温暖化を考える 琵琶湖の生態系に迫り来る危機

地球温暖化をテーマに、実際の生態系への影響を観察するため、琵琶湖でのフィールドワークを中心に講座を行いました。

第41期 地球温暖化を考える 琵琶湖の生態系に迫り来る危機

第40期 熱帯・亜熱帯の 生態系からみる地球の未来

「熱帯・亜熱帯の生態系からみる地球の未来」をテーマに、沖縄でのフィールドワークを中心とした講座を行いました。

第40期 熱帯・亜熱帯の 生態系からみる地球の未来

第39期 相対性理論とブラックホール

東京と大阪で講座を行い、JAXA宇宙航空研究開発機構やレーザーエネルギー学研究センターを見学しました。

第39期 相対性理論とブラックホール

第38期 脳を考える

「脳を考える」をテーマに、今脳の中で起きている、脳の「はたらき」や「なりたち」について講座を行いました。

第38期 脳を考える

第37期 アミノ酸を科学する

「アミノ酸を科学する」をテーマに、「体づくりとアミノ酸」「食品の機能、身体の機能を支えるアミノ酸」の講座を行いました。

第37期 アミノ酸を科学する

第36期 ナノテクノロジー

東京大学
ナノエレクトリニクス連携研究センター長
荒川 康彦教授

大阪大学産業科学
ナノテクノロジー
センター長
河合 知二教授

第36期 ナノテクノロジー

東京大学宇宙線研究所
神岡宇宙素粒子
研究施設教授
中畑 雅行教授

東京大学宇宙線研究所
神岡宇宙素粒子
研究施設教授
伊藤 好孝助教授

第34期 宇宙開発最前線

宇宙開発事業団
宇宙環境利用事業
促進室 吉冨 進室長

京都大学宙空研
松本 絋教授

第34期 宇宙開発最前線

第33期 ゲノムの正体に迫る

国立遺伝学研究所
副所長
小原 雄治教授

大阪大学大学院
医学系研究科
戸田 達史教授

第33期 ゲノムの正体に迫る

ページの先頭へ

株式会社クボタ

KUBOTA REPORT 2017

茯帥腴眼御